FC2ブログ

ワタシはカラダをテツガクする

病気が集まってくるカラダを自慢している。 生きてる以上テツガクするしかないね。めんどくさいけどね。

Vol.45 過去の扉(13)2009年9月~12月「やっぱり効かない抗がん剤」

とりあえず4コース目までやって・・・


アムルビシンの効果は無く、あえなく2ライン目をやることとなったワタシの抗がん剤治療。

次はいわゆるEP療法(シスプラチン・エトポシド2剤)をやる、とのこと。


シスプラチンってねぇ~


名前からして化学丸出しでいかにも毒、って感じだな、なんて思いつつ。


主治医Y医師からは、シスプラチンは吐き気が強い薬だ、と予め嚇かされてはいました。

あと、シスプラチンは古い薬だ、と聞かされました。

古い薬なんかで大丈夫なんすか?

と素人質問。

いや、古くから使われてる、ということはそれだけ実績がある、ということなんですよ。


あぁ、なるほどね。



さあ、始めての薬になるので、またこれも初回入院となりました。

2009年9月初旬から始まりました。


いや~・・・これは辛かったです。


アムルビシンは吐き気が無いに等しかったですから、ようやくワタシも抗がん剤の恐ろしさを体感します。


初日に2剤を入れて、2日目、3日目はエトポシドのみを入れて、抗がん剤自体は3日で終わりです。

その他、別途アレルギー止めや、吐気止め、利尿剤なども入れます。


2日目辺りから、吐き気が始まります。

よく吐きました・・・

吐き気止めの点滴やら飲み薬、座薬など一通り処方してもらいましたが、利きやしまへん ( ;´Д`)


胃酸で喉がやられました・・・


ワタシは吐く前に、白湯を大量に飲んでから吐く、というワザをジョカノさんに考えてもらいました(笑)

これはいいです。

胃酸が白湯と混ざるため、中和されて喉が守られるんですね。

吐く時の、胃酸のあの強烈な酸味が無くなります。

オススメですよ。これは。勢いよく吐けてスッキリしますし(笑)

なんのオススメかわかりませんが。

吐きそうになると、スタバのタンブラーに白湯を沢山汲んで来て、一気飲みです。

場合によっては、トイレに行ってから白湯飲んだりもしました。切ない(笑)

トイレに行く間に噴射してもいけませんしね。


あと、オシッコも大量です。


もうほぼトイレとベッドを往復してる記憶しかないですね、この時は。


疲れました。


今でもA病院に行くと、この時の記憶が蘇り、吐き気に襲われるんです。


トラ・ウマ ですな。


食事も出来ず、ポカリや、ゼリーでしたかね、あとは点滴です。


でも、このキツイ状態も3日程で沈静化し、吐くまでには至らなくなります。

食事も出来るようになります。

若さ、ですかね?

当時29歳!


その後は胃のムカムカが続き、一週間~10日程で完全に元に戻る、といった感じでした。



さすがにこのEP療法は吐き気も強かった為、毎回入院してやりました。

外来では無理でした。

点滴の量も多く、一日中点滴しますし。



吐き気が強く、飯が食えない2~3日の期間含め、5日間程入院し、その後は胃のムカムカに耐えながら仕事も普通にしていました。


今思うと結構無茶してましたね。。。


胃がムカムカしてる時なんですが、不思議とジャンクな味の濃いモノしか受け付けなくなりました。

生野菜とか、魚とか駄目で、ペヤングとかマックとかばっか食べてました。

あら不健康ねえ・・・




一ヶ月ごとに5日間ほど入院して抗がん剤をやる、という作業も3クール終えた所で、またしても主治医から思いがけない話です。


腫瘍が小さくならないので、手術を検討しよう、とのこと。


腫瘍は小さくはなってはいないけれども、大きくなったり、他の臓器に転移もしていない為、ここで一度見えている腫瘍だけでも手術で取ろう、みたいな話です。


それはそれとして、またしても抗がん剤が効かなかったのです。


腫瘍の大きさが現状維持、というのは抗がん剤の世界では成功の一種だと思いますが、ワタシには無意味です。



でも、この結果については無理もありません。

アムルビシン同様ワタシは今回の抗がん剤も、ただ惰性でやっていた感覚でしたし、いかんせん吐き気がキツかったですから、とにかく嫌々でした。


これでは効かないのも無理ないかもですね。



こうしてあれよ、あれよ、と2ライン目の抗がん剤もあっけなく終了です。


手術は2010年の年明けの予定ですが、今のEP療法はとりあえず12月の4コース目までは駄目押しでやろう、となりました。

とりあえず、でやるほど楽ではないんですが・・・

と思いながらも、手術までの繋ぎの意味も踏まえてやらざるをえませんでした。



12月といえば本来街はきらびやかに色付く、一年で一番ワクワクする季節です。

しかしワタシはシスプラチンの吐き気への恐怖とトラウマに加え、手術への期待と不安もそこに交錯し、なんとも落ち着かず、クリスマスツリーの飾りの綿みたいにフワフワしていたのでした。


ツヅク

★ランキング参加中です。1日1クリック 頂けると嬉しいです m(_ _)m★
↓ ↓ ↓
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング

FC2ブログランキング
スポンサーサイト



 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ワタシ(@tachyon516)

Author: ワタシ(@tachyon516)
⇒ ワタシのスペック ・ 病気の経緯

最新記事

ツイッター

全ての記事&月別アーカイブ

2015年 05月 【1件】
2014年 10月 【1件】
2014年 06月 【3件】
2014年 05月 【12件】
2014年 04月 【15件】
2014年 03月 【9件】
2014年 02月 【2件】
2014年 01月 【4件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【7件】
2013年 10月 【14件】
2013年 09月 【16件】
2013年 08月 【19件】
2013年 07月 【18件】
2013年 06月 【22件】
2013年 05月 【14件】
2013年 04月 【13件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【22件】
2012年 12月 【30件】
2012年 11月 【28件】
2012年 10月 【32件】
2012年 09月 【34件】
2012年 08月 【7件】
2012年 07月 【23件】
2012年 06月 【37件】
2012年 05月 【39件】
2012年 04月 【50件】
2012年 03月 【23件】

カレンダー

<< 05
2021
>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

記事のカテゴリ

カウンター 2013/1/20 ~

Template by たけやん