FC2ブログ

ワタシはカラダをテツガクする

病気が集まってくるカラダを自慢している。 生きてる以上テツガクするしかないね。めんどくさいけどね。

Vol.111 ガンは巨大ビジネスだ

お前はつまんない男だなぁ


「何事も素直に受け入れて自己研鑽に生かす」

「疑うよりも、何事もまずは信じてみることが大事」


う〜ん、20代中盤くらいまではそのような人生観を持っていた気がします。

間違ってた、とは今でも思って無いのですが。。。


ワタシに大きな影響を与えてくれた、尊敬するとある上司に、いつだったかそんな青臭い人生観を、冒頭の言葉と共に、コテンパンに、

ふっ、

つまらねぇなぁ〜、

などと、潰された記憶があります。


いや、確かお酒の席でしてね、酔ってたんでしょうし、詳しく具体的な記憶がある訳じゃないのですが、なんとなく記憶に残ってることは、要するに、


まず疑え!

批判しなきゃダメだ!!


と、まさに、「真逆」のことを言われた記憶がありまして・・・


これ、ようやくワタシ、病気が見つかってからのここ数年ではなおさら、その言葉の重要性が理解出来るようになってきました。


つまり、その上司がワタシに教えたかったことは、

「疑って、批判して、つまり、自分のアタマでまずちゃんと考えて、自分のオリジナリティを持て!」

ってことだと思うのです。


言われた当時はモチのロンで、

うるせ〜な!酔っ払いジジイが!!

って、今より多少若いワタシは思ってたでしょうが、今ならそれが理解できます。


弱冠30歳ソコソコのまだまだ若造のワタシですが、会社、取引先や社外、プライベート含め、実に色んな人と出会いました。

そんな中で、魅力的に見える人の共通点を、ここ数年でようやく見つけたんですね。


それはやはり、

「な〜んか、自分の言葉で熱く語ってるなぁ〜って人」

です。


その話が、間違っているか、正しいか、大衆ウケがよかろうが、左翼寄りだろうが、それは大して問題では無いのです。

正しかろうが、間違っていようが、その正解は誰にも分からないし、それはあまり問題ではなく、

「考え出した自分なりの意見」

が大事なんだと思うんです。


一般論や、常識、最新の情報収集に長けていて・・・

それはそれで大事だとは思うのですが、それをそのまま語るのに何の意味も無く、世の中の事実を、一度自分のアタマで噛み砕いて、意見や自分なりのテツガクを持っている人は魅力的に映ります。

きっと例の上司もワタシに、「そういう人間になれ!」って言いたかったんだと思います。


是非、ワタシも、ワタシがこれまで会ってきた魅力的な人達みたいな人間になりたいです。


なんでそうなりたいか?

きっと、

「そういう人間になること=自分の人生をしっかり生きること」

に「繋がる」と思うのです、必ず。


きちんと自分の人生がどうあるべきか?どうしたいのか?

それをきっちり考えて、

自分の人生観を、

自分の人生を自分らしく生きる為のテツガクを、、、

持ちたいと思うのです。


病気になって、一層そのことの大切さに気付かされたのは言うまでもありません。


さあ、

ここまでは長い前置きでして・・・汗



本題!(笑)


ガンは情報に満ち溢れています。

新聞でも、新しい研究や、新薬開発、がん関連の保険やら法整備の話や患者団体の動きやら・・・裁判とかも。

そういった「事実」の情報だけでなく、ガン含め、最近は健康ブームもあり、ガンや健康対策の話題を聞かない日は無いです。

健康や病気に関する情報は、新聞一般紙でも専用のページがあるくらいです。

ワタシもほぼ健康マニアですから、○○健康法、とか、○○ダイエット!、○○が長寿を促す、とか、トマトが体脂肪燃やす、とか、ヨーグルトがインフルエンザを予防する、とかしょーもない情報にまで、しょ〜もない!といいながらも必ず目を通します。(笑)。

ミーハーなのです。(笑)


また、今の社会、そんな溢れている情報について、社会的立場での差別なく、平等に情報が取れてしまいます。


ちなみに、患者と医者もそう、ほとんど情報の差は無くなっています。

医療者向けの論文なども見れてしまいます。

内容や専門用語の理解は別として、それへのアクセスに差はほとんどないようですね。


そんな昨今、ガンに良いとされる情報や、健康に良いとされる情報を発信する立場で「ビジネス」をしている連中は、「より人に注目される情報」を出さないと、「無限の情報が」、「しかも簡単に」、「誰でも差別無く」、手に入るこの世の中では、たちまち埋没してしまいます。


まぁ、今に始まったことではないですが、そんな情報競争社会の今の世の中で何が起きているか、というと、情報のまず見た目の、表面での注目を集めることを重視するあまり、

情報の質が下がっている、

と思うのです。

ワタシもガンやそれに関する本も数知れず、数十冊、百冊、読み漁りましたか・・・

一番酷くて記憶に残っている本を例に挙げると、

なんだか患者のセンチメンタルな気持ちに訴える感動的なタイトルと売り文句を並べて注目を誘いながら、結局はフコイダンの宣伝だった、というトンデモ本です。(笑)。騙された。(笑)。


いや、情報が溢れているからこそ、本当に価値のある情報だけが生き残っているのでは?

と言えるのかもしれないですが、ガンや健康に関するそんな情報に限って言えば、ワタシは確実に今後益々、

「情報の質は低下していく」

と思っています。


何故なら、

「情報の真偽が証明され、偽の情報が排除される機能がほぼ無い」からです。

よっぽど悪質な詐欺まがいの、広告のみで摘発されるような珍説は別として、健康や病気への効果は、

「個人差があります。」

で済んでしまうからです。(笑)


健康ブームが広がっている今、健康に関する情報は需要が高いから、良く売れるのですね。

情報が高く売れる、それでいてその情報の正確な真偽を誰も証明できず、よっぽどのことのない限り、社会的に抹殺されたり、法で処罰されることが無いとしたら、情報の出し手からしてみたらパラダイスなのです。

ガンや健康ネタの情報は儲かる「巨大ビジネス」なんです。


情報を出したもん勝ち、なのです。

「個人差があります。」って言っておけば良いのですから。


もっともらしい広告や、甘い誘い文句、さっきのフコイダン本のような酷いモノでは「ガン患者の命への執着」を巧みに利用した悪質なモノも溢れているのです。

情報さえ売れれば、「個人差があります。」といっておけば後は彼等の知ったことじゃないのです。


例えばですが、

ある一つの健康法や治療法が流行ると、必ずそれと対極のモノがその後に出てくる、という特徴があります。

そうすると、その情報はそれまで流行っていた既存の常識に便乗し、それへのアンチテーゼとして簡単に注目を集めることが出来ますから良く売れるんですね。

売れた後のことは情報の出し手は知ったことじゃないのです。

情報を「売るまで」がその役割であり目的であって、それから先は、個人差がありますので、自己責任で、で終わりです。。。

はい、終了〜。

信じるも、信じないも、

それはあなた次第です、どーん!! チーン・・・です。。。。

もはや都市伝説みたいに軽い読み物だ、くらいに思った方が良いくらいで。。。


ガンに良い食事とかもそうではないでしょうか?

「動物性タンパク質は一切NGだ!」

「玄米と野菜しか食べちゃならん!」

「炭水化物はダメだ!」

というのがあれば、

「ガンになったら肉を食え!」

「体重を増やさないとダメだ!」

なんてのもあります。(笑)

笑っちゃいますね、もう。(笑)


抗がん剤や放射線治療はガンの治療として常識になっているのに、

「そんなのは絶対にやるな!」

という本を出す「医者」もいます。


これだけの、スポーツブーム、マラソンブームの中で、

「スポーツやマラソンをすると早死にするぞ!」

と言う人もいます。(笑)


今日も午前中、ツイッターお仲間の方と、コーヒーは一体カラダに良いのか、悪いのか?なんてそんな話をしました。(笑)。

いや、結局、何が本当に正しいのかなんて、誰も分からないし、証明も出来ない、だから情報を出してしまえばそれまでなんです。


話少し違いますが、

ビジネスといえば抗がん剤にしてもそうではないでしょうか?

医療、科学、人の健康に対する意識、が進んだ昨今、大概の病気は治るようになりました。

そんな中で、まだまだ未知の世界が多い「ガン」に関する研究、新薬開発はまだまだ「巨大市場」であり、製薬会社なんかも世界中のライバルとの競争でその市場を奪いあっているのです。

病気が治っちゃえば製薬会社は儲ける手段を失いますから、まだまだ未知で不治の病の「ガン」にそのビジネスを求めるのは自然なことですね。


抗がん剤は、近年益々その効果が高く、副作用も少ないモノが開発されており、そんなニュースも日常に溢れています。

しかし、製薬や研究の競争が激しくなり、かつ高齢化で益々ガン克服の需要が高まるだろう世の中においては、反面質の低い抗がん剤が一方で沢山出てくる心配もワタシはしています。


抗がん剤なんて、「個人差があります」の際たるモノです。

半分の人に効果があれば良しとされちゃう世界です。

それに、その「効果」と言っても、「現状維持」も「僅かな一時的な縮小」も「効果」になります。

完治する訳じゃありません。

医療や薬を提供する側と、受け手の患者の側では「効果」の概念は違うのです。

成功率5割が許され、しかもその5割も立場や解釈によっては曖昧なことが許されてしまうビジネスなんです。



世の中に溢れるガンや健康に良いとされる情報も、薬も、抗がん剤も、

その中心にいるのは我々患者であることは間違いありません。

皆の最終目標は、

「病気の克服、患者の、人類の幸せ」

であることは間違いないでしょう。


しかし、その「手段」として「ビジネス」の土俵が使われていることは我々患者は忘れてはいけないでしょう。

「患者の命をダシに金儲けしやがって!何も信じられないじゃない!いやだわ、もう・・・」

そんなこと言って目と耳を塞いで青臭いことをわめきちらしていても仕方ないのです。


どれが本当に自分に有益な情報なのか?


自分で考えて、自分で判断するしかありません。

患者であるこっちもある意味「命を守る」というビジネスです。

しかも失敗が許されません。

情報の出し手側の目的は一体なんなのか?そこに思いを寄せる必要があります。


その為には、シビアに、

まず疑え!

批判しろ!!

って大事なんだと気づきました。


そして、

自分の意見を、考えを、自分のオリジナリティを、テツガクを、しっかり持つこと。


情報に惑わされたとしても、流されてはなりません。





『我、想う、故に、我、有り』

さあ、哲学業界で最も有名な名言の一つ、デカルト先輩の名言であります。

これは、

「自分、という存在を疑い否定しようとしても、その疑う、という作業をしている自分はそこに存在しているのであって、それは否定しえない」

と、まぁ概ねそんなことだそうです。。。。


ほほぅ・・・さすがデカルト先輩、、、

難しいっす・・・(笑)



でも、テツガクはするのは自由、人の哲学の解釈も自由です。(笑)。

テツガクをそう勝手に捉えるのもワタシの自由なのです。(笑)。



ってことなので、、、

「まず疑え!考え抜け!!・・・そこにようやく「自分」というものが産まれるのだ!!」

って、ことにしましょう。 (笑)

そういうことにしておけば、この記事の締めくくりとしては辻褄が合うのでデカルト先輩何卒お許しを。。。


おわり

以下各サイトのランキングへ参加中です。
クリックして頂けると嬉しいです。



ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト



Vol.110 CODE療法5週目は右腕で


よく落ちるね


今日はCODE療法の5週目の点滴が始まりました。


今週の抗がん剤は、3週目と同じメニューになります。

シスプラチン、アドリアシン、エトポシド、

の3剤になります。

シスプラチンとアドリアシンの点滴は本日のみで、エトポシドは今日から3日連続になります。


今日の所はまだ体調も変わりなく大丈夫です。

相変わらずのお腹のタプタプは多少はあるものの、今日の所はお通じも、オシッコも快調でして、点滴の量は多いですが追加利尿剤も無しで済んでいます。

明日以降もこの調子で排泄が好調ならば、大丈夫でしょう。


なんとか快適に乗り切りたいですね。



今日からは点滴を右手にしました。

がんばれ、右腕!



左の腕の血管がどこもかしこも痛いので、限界でして・・・

左腕は休憩させてあげます。


右だと、動かすことが増えますから、不便は不便ですが、血管が元気な分、腕を動かして角度が変わったとしても点滴はよく落ちています。

まぁでもこれを機に、箸や、このブログをまさに書いてるスマホのフリック入力を左でやって、脳を活性化してみます。笑。

この間に左腕の血管が回復してくれればいいですが・・・


タマネギが血管に良い、という噂が・・・

玉ねぎ大好きでかなり食べるんですが・・・


でも病院ではあまり出ないな・・・


おわり

以下各サイトのランキングへ参加中です。
クリックして頂けると嬉しいです。



ブログランキング・にほんブログ村へ



Vol.109 服用してる薬、特にステロイド(プレドニン)のこと

早く飲むのを辞めたいけど・・・


このブログも一端な闘病記としては、ワタシが服用している薬のことも書いておこうと思いまして・・・


今飲んでいる薬、常用してる薬は、

●プレドニン→毎日30ミリグラムを朝昼2回に分けて飲んでる。

●タケプロン→毎朝一回。これは、プレドニンの副作用の胃潰瘍を防ぐべく、胃酸を抑える薬です。

●バクタ→毎朝一回。これもプレドニンが免疫抑制作用があるため、感染にかかりやすくなるです。それを防ぐ抗菌剤ですな、これは。

●ボナロン→毎週一回一錠。プレドニンが、副作用として骨粗鬆症を招くので、それを防止する薬だそう。

毎週一回、入院中は飲む時に看護師ちゃんが教えてくれるから良いですが、家に居るときは普通に忘れる。

「忘れたら次の日に飲んで下さい」

と注意書きがあるので、そもそも製薬会社も忘れることを前提にしている。(笑)

しかも、朝起きてすぐ飲め、飲んだら30分は横になっちゃいけなくて、水以外は口にしちゃいけない、

と何やら注文の多い、かなり生意気な薬です。

何の権限があってワタシの時間を30分奪うのか?(笑)。


後は便秘のクスリ、これはわざわざ紹介するようなモノでも無いのですが、

●マグミット→毎食後2錠。便を柔らかく保つ薬。

●プルゼニド→寝る前に2錠。腸の煽動を促す薬。

●アローゼン→プルゼニドに変えてたまに飲む。これも腸を動かす薬。漢方薬だそうですよ。

抗がん剤をやると、というか、入院してるとワタシは便秘になりがちなので、飲んでます。

抗がん剤をやっている最中は、多少下痢気味位でいい、と、前に病棟の薬剤師のねーちゃんがいってました。

ワタシも実感としてそう思います。

便秘だと、抗がん剤の毒素も滞留してしまってる気がします。

抗がん剤も便で排出される部分もあるでしょうから、多少下痢気味でも、溜めずにどんどん出したいところです。

これらは日々、お通じの具合を見て量を調整したり、飲まなかったり・・・ぶっちゃけ、マグミットの効果は実感できますが、プルゼニドとアローゼンは効いてんだか、効いていないんだか分かりません。

多分、ピンクの小粒のアレ、のが効くと思います。笑。

ちなみに便秘のクスリは家では飲みません。

家にいれば便秘は解消されますので・・・


結局、入院中に便秘になりがちなのも、心理的な影響かもしれませんね・・・

入院だ! 抗がん剤だ! 便秘になる!

っていうワタシの思い込みがいけないのかもしれませんね・・・

家に帰れば直ちに便秘治るし・・・


とまぁこの位です、飲んでいるのは。

その他に飲むとしたら、腫瘍が痛んだり、腫瘍で熱が出たときに痛み止めのロキソニンを飲んだりとか、

今は抗がん剤をやっているので、吐き気止めの経口カプセルのイメンドとか、スポット的に処方されるモノはあります。


結局、他のガンと同じく、胸腺腫だからといって、痛い時に痛み止め飲む以外に、何か薬を常用しなきゃいけないことはないです。〈抗がん剤と、それに伴う薬は別として〉


何故プレドニンを、というと、重症筋無力症と多発性筋炎を抑える為になります。


これら自己免疫疾患は、己のカラダから「異常な免疫」が発せられてしまう病気ですが、このプレドニンの免疫抑制作用により、その「異常な免疫」を抑え、ワタシもこれのお陰で日常を不自由なく過ごしております。


プレドニン、いわゆるステロイドですが、かれこれワタシも一年弱のお付き合いになります。


ワタシは昨年夏、胸腺腫が再発した時に、毎日30ミリグラムを飲み始めました。

胸腺腫を小さくすることがある、とのことで約3ケ月、30ミリグラムを続けましたが、腫瘍縮小効果はワタシにはありませんでした。

なので減量を開始し、一瞬の期間0になったのですが、その影響もあってか、その後すぐ重症筋無力症〈MG〉が発覚しまして、結局またこの薬の世話になることになり、そのまま筋炎にもなり、今に至る、ということであります。


この薬は、まぁ詳しくはググレば一発なのですが、ワタシがかかっている自己免疫系の病気や、アレルギー系の病気を始めとして、実にありとあらゆる病気に使われておりまして、実にありとあらゆる効果と副作用が挙げられております。

このブログをご覧の方も、ご当人や、周りに飲んでいる方が一人は居るだろう、というくらい広く使われてる薬ですね。


ステロイドの発見によって、ありとあらゆる病気の治療が可能になったんですね。。。

人類の長生きに大きく貢献しているすごい薬なんです。


すごい薬、なんですが、

すごさ故に厄介な薬でもあるんですね。。。


様々な副作用があります。

検索すると、それって全部じゃん! ってくらい出てきます。。。


ワタシの場合は、約1年弱、ほぼ30ミリ〜20ミリグラムを毎日飲み続けております。

なかなかな量ではありますが、今のところ出ている、というか、ワタシが実感している副作用は、

◆胸と、肩口から背中にニキビが沢山できる。

→ただし、これは25〜20ミリグラム程度に減量すると、途端に治ります。顔には出ません。一応気をつけて洗顔はちゃんとしてるので。

胸や背中のニキビも、ニキビ防止効果のあるローションを塗ったりすると緩和します。

◆不眠がちになる。

→これが一番困ってます。もう慣れちゃいましたが。

なかなか寝れない、っていうより、一度早く起きちゃうと、もう寝れない、って感じです・・・

◆肝機能が悪くなる時がある

→これはたまに、というか、胸腺腫の治療目的で飲んでいた昨年夏に1回言われた位でしょうか。

回復する薬を処方されて一週間ほどで回復しましたかね? あんま覚えてないです。


と、実はワタシはこの程度で済んでいます。

よく言われている有名な副作用としては、食欲が増進したり、顔に脂肪が溜まって丸顔になってしまうムーンフェイスがありますが、これはワタシには無いです。

副作用もかなり個人差があるようですね。

飲み始める当初は、仕事もまだしてましたから、ムーンフェイスやニキビだけは嫌だなぁ、と思ってましたが、大丈夫なようです。

ワタシ位の量を、ワタシのように数ヶ月以上服用すると結構な頻度でムーンフェイスにはなるようなんですが、これも昨年12月に入院してた際に病棟の薬剤師ちゃんに聞いたところ、数ヶ月服用して現れなければ、多分大丈夫だ、とのことです。

まぁでもこれからムーンフェイスにならないとも限りませんから、油断なりません。

いや、油断ならん、といっても、これ、防ぎようが無いのです。

顔への脂肪沈着なので、極力カラダの脂肪を減らし、太らないようにすれば大丈夫なのかな? とも思えますが、そういう問題じゃ無いようですね。

これも同じく薬剤師ちゃんが言ってました。

本当かどうかは分かりませんが・・・


あと、免疫抑制されるので、感染症にかかりやすくなるそうです。

30ミリグラム、というのは、ギリギリ家で生活出来るレベルらしく、外出はなるべく控え、マスクするなどしてシリアスに感染を防止するよう言われます。

ワタシも意識してマスクなどで気をつけてますが、意外にこれまでは大丈夫でした。

プレドニン服用以後、風邪ひきやすくなった、などということはありません。


去年の夏までは、30ミリグラムを飲みながら、普通に満員電車にも乗り会社で仕事をしてましたから。

まぁ夏でしたからね、いずれにしても癌患者、特に風邪には気をつけねばなりません。



この薬の特徴としてもう一つ、一度服用開始すると、すぐに止めれない、ということがあります。

対象の疾患がよくなれば、薬は不用になるはずですが、すぐに服用を0に出来ないんですね。

徐々に減らすのですが、ワタシも過去の扉シリーズでいくつか書いた通り、30ミリグラムから20ミリグラムまではいつも順調に減らしてこれましたが、20ミリグラムを切ると、どうもカラダがおかしくなるようです・・・


今後はどうでしょうかね?


一応、ワタシの場合はMGも筋炎も、胸腺腫が原因であろう、との見立てですから、今後抗がん剤なり、手術なりで胸腺腫の治療が上手くいけば、MGも筋炎も症状が収まり、ステロイドも減らせるはずです。

減らして0を目指すとしても、これはおそらく年単位での話になるらしいです。

神経内科先生も、ステロイドを0に出来ても、それは数年単位で減らしていかないといけない、とのこと。

他の方の体験談などでも、やはり一進一退を繰り返すようですね・・・


効果が高い薬で、助けられてますが、副作用もそれだけ多く、深刻なモノも無い訳では無いですから、ワタシも早くステロイドを卒業したいです。。。

これだけ副作用が多岐に渡りますから、何かカラダが異常起こしても、それが果たして本当のカラダの異常なのか、それともステロイドの副作用なのかが判らなくなるのが嫌です。

なんか、なんでもかんでもステロイドの影響か?ってなるのも困りモノです。。。

カラダの本当の声がわからなくなります。それは嫌ですね。


それもあり早く卒業したいです。。。

でも当分先になるでしょうね・・・


仕方ねぇ・・・




この一粒で5ミリグラム、すげ〜小さいんですよ。今は30ミリグラムなので、これを1日6粒。

初めは、こんな小さいもんが、ガンに効くんかいな??

って思ってましたが、こんな小さくても劇薬なんですねぇ・・・


化学の力、恐ろしす・・・


おわり

以下各サイトのランキングへ参加中です。
クリックして頂けると嬉しいです。



ブログランキング・にほんブログ村へ



Vol.108 意外に歩けるもんで

足プルプル・・・


今日は、明日からの抗がん剤に備え、採血、レントゲン、肺活量の検査をしました。


白血球は12900だそうで、高いままです。

昨日、今日は例の白血球を上げる皮下注射もしていないのですが・・・

一昨日まで連日皮下注射をしていた効果で、下がらずに保てている、とのことです。

体調も変わりなく順調なので、これはこれで良いだろうと・・・


お楽しみの肺活量は3700と、先週とほぼ横ばいでした・・・


なかなか完調まで復活しないですが、全身の筋肉の具合は良いので、このまま良い状態が続くと良いです。

悪くなってないことを良しとしましょう。


レントゲンも同じく横ばい、なかなか劇的に縮小!!とはいかないですね・・・

まぁこれも悪くなっていないことを良しとして・・・

更なる効果を後半戦に期待です。



今日はカラダの具合も良く、天気も良かったですから、少し病院の外周りを散歩しました。

20分くらい歩いたでしょうか・・・

意外にスタスタ歩けましたね。

ほどよく疲労した感じで・・・

普通に歩いて呼吸や心拍が過度に乱れることもなかったですから、だいぶ筋炎の状態も良さそうです。


それに加え、簡単なストレッチと、あとスクワットを5回くらいしました・・・(笑)

足がプルプル、心地よく疲れました・・・

股関節が特に固くなってる感じで・・・

スクワットは5回でも、やれやれ、ですね・・・

これ以上やったら筋肉痛になりそうでした・・・

なんたる軟弱ぶり・・・

学生の頃はMax100キロのバーベルを担いでスクワットをしたもんなんですが・・・


おっと、過去の栄光と比べたらあきまへんぜ。


なんか久しぶりにカラダを意図して動かした感じで、気持ち良かったです。


少しずつ、少しずつ、

動かしていくです。


明日からは点滴ですし、抗がん剤の倦怠感も出るでしょうから、ストレッチくらいにしておきますかね。

無理しないように調整しないと。



・・・・・・

電車乗って街に出て・・・・・

そうですね、新宿ですね。


映画なんか見て。

ポップコーンとコーラはモチのロンで。

結局ポップコーンは予告編の段階で半分以上食っちまって。


映画終わったら軽く遅い昼飯がてらビール飲みいって。

映画の批評会を・・・

あの女優が下手クソだった、とか?


甘いデザート食べいって、コーヒーと。


ゲーセン行ってダラダラして。

あ、ゲーセン好きなんです。(笑)。


買い物しようとしますが、

別に買いたいモノ無くねぇ〜・・・

なんて言って結局何も買わずに。


地元に帰ってきて、ワインを買って帰る・・・

家でいい加減酔っ払って寝る・・・


遅く起きた翌日はサウナいって。。。


そんなことが普通に出来る体力をつけたいです。(笑)


さぁ、また明日から抗がん剤です。

頑張るぞー


おわり

以下各サイトのランキングへ参加中です。
クリックして頂けると嬉しいです。



ブログランキング・にほんブログ村へ




Vol.107 ポッコリお腹

太もも鍛えないとね・・・


今日と明日は点滴も無く、明後日からの抗がん剤に備え、検査がいくつかあるだけです。

体調は相変わらずで、吐き気などの副作用もほぼなく、お通じもモウマンタイです。


毎週、抗がん剤をやっており、一般的にはだんだんと副作用も蓄積してくるはずですが、吐き気や不快感、倦怠感などのワタシが実感できる副作用は、むしろ週を追うごとに軽くなってる気すらします。。。

副作用が無いのは無いで良いことなのですが、どうしても、

「もう抗がん剤が効かなくなったんじゃないか・・・」

と、考えてしまうものです。


まぁそう思っても仕方ねぇ〜、ので、淡々とやるだけですが。


それに、ワタシが実感出来ている目に見えた副作用だけじゃなくても、着実に骨髄抑制などは進んでいるので、油断は一切出来ません。

今日の採血も、白血球が16000と、聞いたことのない高さでした。。。

連日、白血球を上げる薬を注射しているのと、もともとステロイドを常用していることもあり、でも一昨日は確か4000とかだったし・・・でもワタシの体調は一昨日と特に変わらないし・・・

ようわかりまへん・・・不安定なんですね・・・


まぁまぁ、

引き続き、慎重に・・・



最近、食欲があってモリモリご飯を食べており、体重が増加傾向です。

4月頭に筋炎で倒れてマトモに飯が食べれなく、人生最低体重を更新してましたが、この2週間で3〜4キロ程、増えました。

それでも本来の理想から比べたらかなりまだ痩せてしまっているのですが、それでもなんだか腹がポッコリ出てきましたね・・・(笑)

もともとあった体重から急激に増やせば増やしたで、カラダに反応でますね、やはり。


4月以前の体重から、今の体重に落ちてきた時は当然、腹はペチャンコになったんですが・・・

今より落ちてた体重が、今の体重に急に増えたからお腹もポッコリした、みたいな?

・・・例えそれが本来あるべき体重より遥かに軽くても??


まぁそうなんでしょうね。


カラダには過去の常識は通用しませんね。


カラダに対する過去の善い行いが一瞬にして打ち砕かれることがあるし、散々不摂生してきても挽回できることもあるでしょう。

良くも悪くも、常に「今のワタシ」の状態を、ごく自然に、当たり前に反映しているのが「今のワタシのカラダ」と思います。


過去はひとまず置いといて、です。


「過去のカラダの積み重ね」が、果たして「今のカラダ」なのか?

そこに疑問があるなら、「未来のカラダ」の為に「今」やっていることにどんな意味があるのか?

まぁ結局、それでも不確定な未来の為に「今」を積み重ねるしかないんですけどね・・・

そこら辺の悩ましいテツガクの過程はまたネッコリ書くとして・・・



いずれにせよ、今のカラダ、が現実の全てです。

それは間違いない。

現実を、今のワタシを、常にワタシに見せてくれて、未来への課題を与えてくれるのです。

それがありがた迷惑なこともありますがね。(笑)。



もとい!大きく話逸れた・・・


飯が食べれなければ、それだけ体重は落ちて、その飯の量にあったカラダにしかなりません。

その飯の量で大丈夫なようにカラダが適応するのでしょう。

病気で倒れていたら、カロリーを消費しませんから、腹も減りません。


カラダは常に自然、です。


食欲を、必要なだけ満たせば、体重はキープされるはずなんですが、それがまた難しいんですよね。。。

世の中には、カラダが自然に発する食欲を乱してしまう魅惑やストレスに溢れておりますな〜・・・


そんな中でも、カラダの自然な声を聞き分けて調整出来る・・・

そんな境地をワタシは目指していきたいです。



今のワタシは目の前のお菓子もパクパク食べちゃってますし、ご飯も完食しております。

カラダの自然な食欲よりも、少し摂取カロリーが多いですね、明らかに。

だから体重が増えます。


ちょっとこれ以上、痩せるのがなんか怖くて、ですね・・・

もし今の状態で、急に副作用が強く出たり、また筋炎が悪化したりして、飯が食べれなくなったら、今のワタシのカラダには余力がないので、体力的にかなり不安です。

今の体重でも、筋力の低下ぶりに絶望していますし。(笑)。

これ以上、ヒョロヒョロになるのも嫌だし、手術をするならもっと体力つけたいですし・・・

だから意識して沢山食べて少し貯金してます!


まぁ、一応、今の状態より体重増えると、カラダも重くなりそうなので、この位でひとまずキープしたいです。

もう少し歩けるようになれば、必然的にまた食欲が出てくるはずなので、その場合にはまた増やせばいいでしょう。


今の体重でも、標準体重からしてみたら、それでも5キロ以上足りません。

もともとガッチリしてたワタシです。

去年の夏、胸腺腫の再発直後、まだ会社で仕事をして、いわゆる社会で普通に生活していた頃は今より15キロ位太ってましたから。

もともとのワタシにはそのカラダが必要だった、ってことですね。

まぁ不摂生もしてましまが。(笑)。

不摂生もしなきゃ、やってられなかったんでしょうね。

社会生活を送る為のワタシのカラダとしては、それが自然だった、んでしょうかね?


それでも、いわゆるデブ、ではありませんでしたし、むしろ、シュッとしてるね〜、だなんて言われることのが多かったですから、如何に今が痩せてしまっているか、なんです。


今日も、一つ、検査の為に片道5分くらい、別の建物に移動で歩きましたが、膝周りが疲れますね、ホント・・・

情けなくなるくらいに・・・

人間一番大きく使う筋肉は太もも、っていう位で、実際にワタシも足が一番痩せたと一目で分かります。

いい感じの細さです。

少女時代ですよ。

gee gee ・・・



いや〜、鍛えないといけないですね。。。

足、基本です。


例の震災の日、ご多分に漏れず帰宅難民になったワタシも2時間ほど徒歩で帰りましたが、

人間、いざという時、頼れるのは己のカラダだけ、特に足腰は鍛えなアカン!

って本気で思い知らされたです。。。


とにかくまずマトモに歩けるようになって、ご飯沢山たべて、その後スクワットとかも出来るようになったら嬉しい ですね。

今は10分歩けば、足プルプルしちゃうレベル・・・


でも、

一応、抗がん剤中ですから、無理してリハビリを、と歩いて体力落としては本末転倒です。

決して無理せず、焦らず、

そして、いわゆる元気だった過去の自分と比べないこと。

それを自分に言い聞かせ、カラダの自然な声を聞き、淡々と「今出来ること」を積み重ねるのみ。



今日はまた母ちゃんが贅沢ディナーを買ってきてくれましたよ、へへへ・・・



ギ〜ウナと生ハムとほうれん草サラダ・・・イタリアん・・・ワイン飲みたい・・・

最近贅沢しすぎですね・・・


ま、ま、まい、うー・・・


おわり

以下各サイトのランキングへ参加中です。
クリックして頂けると嬉しいです。



ブログランキング・にほんブログ村へ



Vol.106 体調は順調であります

もう7時かぁ〜


今日も補液の点滴1000ccをサクッと終えました。

ようやくこのCODE療法4週目の点滴も終えまして、点滴の針も抜けてスッキリ、久々シャワーを浴びます。

少し前までは、点滴の針が付いている状態でも、そこを看護師さんにサランラップで防水してもらい、毎日のようにシャワーを浴びてましたが、
最近はなんか面倒くさいし、別に部屋に居る限り汗もかかないし、点滴の針が付いている時は濡れたタオルをもらってカラダ拭くだけでした。

それで十分でしたね、カラダもなんか乾燥して粉吹いてるし。(笑)。

爺さんだ、ワタシは。


点滴している最中は、朝夕体重を測定されます。

抗がん剤初日の朝の体重、つまりワタシの場合は毎週水曜日の朝の体重を基準にしまして、その日の夕方の体重が基準より2キロ増えていたら利尿剤追加になるんですね。

前にケモをやった他の病院もそうでしたから、おそらく業界共通なんでしょう。


今日は基準より3キロ増えてましたが、利尿剤は無しでした。

先生もまぁ水沢山飲めんでくれればいいだろうと。


最近ご飯沢山食べてますから、その分ベースの体重増えてますし、普通朝より夕方のが多いに決まってるし、点滴の量に比してオシッコが出なくて、例のごとくお腹タプタプでどうしようもない、、、

ってことは無いので、自然で行けている感じですから、無理やり利尿剤やることもないかなぁ、と。

ワタシ自身も、それを伝え、やる必要無い、と言いました。

同じく3キロ増えてた昨日もやらなかったし、それに夕方になる前、昼に点滴終わった段階で針も抜いちゃいましたしね。

また刺すのもかなり面倒いし、先生も面倒くさいだろうし・・・


明日、明後日は点滴無しのお休み、予定通りなら水曜日から5週目の点滴スタートです。

2日しか休みが無いのも大変ですが、それがこの療法の特徴ですから頑張っていきましょう。

・・・血管の疲労が気になりますが・・・



ということで、

体調は引き続き、よい意味の平行線をキープしてます。

懸念のお通じも問題無く、順調です。

筋炎の諸症状も問題なし、です。


このままよい状態をキープして5週目に望みたいです。


このCODE療法は中盤にもなると、かなり副作用が重くなる人が多いのだそうですが、ワタシは今の所は重い症状もなく、まだ平気です。


でも、あくまで、

「まだ平気」

ですから、これからも油断しないように、カラダと対話しながらやっていかねばなりませんね。


今日は晩飯に無性にソバがくいたくて、コンビニに行きましたが、売り切れでありまして、代わりに冷たい麺繋がりというだけで「冷しちゃんぽん」なるモノを買ってたべました。(笑)。

写メんの忘れましたが。


いや〜、夏ですね〜

しかし最近のコンビニの飯は旨いですね!?

こりゃ料理しなくもなりますわ。

コンビニ業界の業績が好調なのも頷けちゃいます。


もう7時、早いなぁ、人生は・・・


おわり

以下各サイトのランキングへ参加中です。
クリックして頂けると嬉しいです。



ブログランキング・にほんブログ村へ



Vol.105 ナマモノ? 食べちゃいますよ?


シースーを・・・


今日は補液の点滴1000cc をしました。

左腕の血管はなんとか持ちこたえています。

明日までは大丈夫でしょう。


昨日までは2000cc点滴してましたが、2000ccと1000ccでは大分違いますね。

1000ccくらいなら、お腹のタプタプ感はほぼ感じませんね。


今日はカラダがなんだかダルくて、朝起きれませんでした。

昨日10時くらいには寝ましたが、今日は8時まで10時間寝てしまいました・・・


良い天気でしたし、昨日は神経内科先生に運動していいよ、と言われてましたから、早速病院の外周を少し散歩してみようと思ってましたが、ダルいので止めときました。

無理せず・・・


これだけ寝るとお通じが弱るのがワタシのカラダの通例ですが、今日はなぜか快調でした。

お通じが快調だと、食欲も出ますね。

食事意外にも最近ハマり気味の煎餅やドーナツやらパクパク食べちゃってます。


体重は今、少しずつ増加傾向なのですが、今は人生史上最高に痩せちゃってまして、これ以上痩せて余力が無くなるのも困るので、むしろ太って良し、としてます。

まぁ、お菓子で増やすのはダメですがね。。。

がしかし、お菓子大好きなのです、ワタシ・・・

スナック菓子を食べるのはライフワークと言っても過言では無いのです 。(笑)


しかも、今日は病院の夕飯のメニューがイマイチでしたので、母に寿司をリクエストしました。

好物の貝の握りが食いたかったのですが (笑)、さすがに貝はアシが早いので、なかなかテイクアウトは危険なようで・・・

そもそも、抗がん剤中で、しかも白血球を上げる薬を打っているのに寿司だ、なんて怒られちまいますね。

でも、

食いたいんですもん・・・

なんか、最近、病棟にあった寿司の漫画を見たら、なんか食いたくなっちまいまして・・・

食いたいモノを食う!

これも一つ、健康への取り組みです。(笑)

と、最もらしい言い訳をしつつ。



シンプルだけど上品な感じで。。。


・・・マイウー・・・こりゃたまらん。

他の患者さん達全員に食べさせてあげたいくらい。(笑)。

みんな絶対喜ぶよなぁ〜


おわり

以下各サイトのランキングへ参加中です。
クリックして頂けると嬉しいです。



ブログランキング・にほんブログ村へ



Vol.104 CODE療法4週目デス

運動?・・・していいよ?


今日は抗がん剤CODE療法4週目の3日目になります。

一昨日の4週目初日に抗がん剤の点滴は終わりまして、昨日、今日含め明後日の日曜日まで補液の点滴をします。

昨日、今日は2000cc、明日、明後日は1000ccの補液点滴になります。


今週の抗がん剤は偶数週メニュー、

シスプラチン+オンコビンでした。

今週は先週に比べ、ワタシの中で現状の最重要ポイントであるオシッコもウ○コも比較的良く出てまして、お腹の不快感は相変わらずあるものの、先週よりも体調は良いです。

オンコビンが便秘を引き起こす薬なのですが、特にワタシはオンコビンの影響での便秘は感じません。

いつもの便秘は抗がん剤全体による倦怠感から来る便秘だと思っています。


先週の奇数週メニュー、

シスプラチン+エトポシド+アドリアシン

に比べて点滴する抗がん剤総量が少ないのもあると思いますが、倦怠感も先週より大分マシであります。

排泄が好調なのも、このお陰でしょう。


白血球を上げる注射と、利尿剤の追加は相変わらず恒例とはなっていますが、ワタシの体感、及び血液検査の数字上、いずれにおいても現在の所は重い副作用は出ておりません。

この調子で、後はどれだけ腫瘍を小さく出来るか、です。

更なる効果を期待しましょう。



来週当たりにCTを撮る予定です。日程はまだ聞いてませんし、決まって無いでしょうが。

そこで中間評価をして、今後の作戦の再調整になる予定です。


おそらくですが、まだ来週の段階では劇的な効果が出た!、とはならないでしょうから、このまま予定通り9週目指して行きましょう、となりそうです。

しかし、手術をする、しない、についてはある程度検討をしなきゃなりません。

抗がん剤治療と手術の日程調整はタイミングが大事だからです。

抗がん剤治療で効果が出たとしても、手術の調整をしている間に1ヶ月、2ヶ月かかってしまい、その間にまた増悪した、、、

となってしまうケースは避けたいですから・・・


まぁそれはまた来週以降悩めば良い話。。。



今日は1つ、嬉しいお知らせが。


神経内科先生より、

ある程度運動をしていいよ、体力戻さないといけないし、疲れない程度にね?・・・

とのこと。


え、あれ、??

いやいや、

運動はなるべくしないように、むしろしてたんですけど??

先生もいつも無理して動いちゃあかん!って言ってたし?



どうやら、筋炎の場合は、傾向として良くなっているワタシのような状況であれば、カラダは動かして良いようです。

運動制限という制限は無い、とのこと。


反面、運動するに慎重を期さないといけないのはMG〈重症筋無力症〉の方だそうです。

ワタシは現状、MGは沈静化していて、筋炎の影響がメインだろう、との見立てなので、病棟を積極的に歩いたり、ストレッチしたり、は問題ない、とのこと。

今は筋肉の状態も完調に向かってますしね。



おぉ〜、それはよかったわ〜



カラダ動かせば便秘も解消に向かいそうだし。

寝る前にストレッチでもしましょうかね〜

もう半年以上全くストレッチすらしてなかったですからね。

カラダコチコチカッチカッチですから・・・


これからの治療の為にも体力つけなきゃです。

さぁ、ガリガリ君を買いにコンビニまで散歩しますかー。


でも今日はちょっと肌寒いから、ガリガリ君指数は低めだ・・・


おわり

以下各サイトのランキングへ参加中です。
クリックして頂けると嬉しいです。



ブログランキング・にほんブログ村へ



Vol.103 血管が痛えぇ


左腕が限界・・・


昨日からCODE療法4週目の点滴が始まっています。

始まっています、といっても、抗がん剤自体の点滴は昨日1日で終わりまして、今日から日曜日までは副作用軽減のため、補液を点滴していきます。

副作用軽減と言っても、その大量の水分点滴のお陰でお腹が不快になるので、ホントはやりたく無いですが、薬を早く流し、腎臓や肝臓や骨髄など大事な機能への副作用を軽減するためにもやった方がいいのでしょうね。


・・・ってことで毎度のことお腹はタプタプです・・・


このお腹のタプタプ感をなんとか表現したく、ずっとお腹の不快感に意識を集中して悩んでましたが、ついに見つけました!(笑)


子供の頃、夏の暑い日、

外で遊んで汗だくで、家に帰って、

冷蔵庫から母さんが作ってくれてた、

キンキンに冷えたルービー・・・じゃなくて、

あの懐かしの麦茶とか梅酒とか入れる家庭用のアレに入ったミネラル麦茶を、

一気にコップ3杯くらい飲み干しちゃって、、、、

あ、、、、

あれ、、、、

冷たい麦茶を一気に飲みすぎて少しお腹気持ち悪くなっちゃった、、、

うえぇ、、、、



です。(笑)

分かる方に分かってもらえればいいです (笑)



そんなことより、今日は血管の話しをしたいんです。

ワタシの左腕の血管が限界です。



肘に近い部分はなんか枯木みたいに色が変わっちゃってます、、、、


このブログをご覧の抗がん剤やってる方がいらっしゃいましたら、血管はどうすか??大丈夫っすか?

ワタシだけですかねぇ?

看護師や医者に聞いても、

固くなってくんですよね〜

なんて暖簾に腕押し。

休ませるしかないようで・・・


まぁ長期間、抗がん剤などたくさんの薬を点滴して激闘の第一線に居てくれた左腕、固くもなってる感じで、とにかく痛かったりします。。。

昨日も点滴が終わる頃に、漏れだしてしまったようで激痛が・・・悶絶しました・・・汗


今日も針を入れ直してもらったんですが、なかなか良い場所がなく、いつもは一発で入れる先生も、2回失敗してました・・・

それだけ難しく、固くなっちゃってるようで、ワタシも上から腕を触られると血管が痛む状態。

それに点滴の落ちも悪くて、肘を曲げちゃうと止まったり、時間帯によっては肘曲げててもガンガン落ちたり・・・

なんなんですかね?血流の状態とかと関係するんでしょうかね?


先月もグロブリン点滴の時に漏れてしまって、少し腫れたりしました・・・

幸い抗がん剤が漏れたことは無いんですが・・・


3年前にも半年間ケモをやってましたが、こんなことも、痛んだことも全くなかったんですがね・・・

血管も年をとっているんでしょうね・・・

でもたった3年でこうも血管が老けるもんですかね??


まぁ昨年末から入院が長くて、ほぼずーっとこの左腕は半年近く休みなく点滴をしてますから、血管が痛むのも仕方ないですかね?

そろそろ左腕を休ませなきゃかもです。

今週はもう水分の点滴だけですから、今入ってる針と左腕でなんとか乗り切りたいですが、来週の抗がん剤の時は漏れたら大変なので右腕登場かもですね・・・


左腕よ、ごめんよ、痛いよな、、、、

よく頑張ってくれた、ありがとうよ・・・


利き腕である右腕に点滴繋ぐのは不便でしょうが、なんとか右腕で点滴してる間に左腕の血管が回復すると良いです。


・・・血管に良い食べ物ってなんかあんのかね?


おわり

以下各サイトのランキングへ参加中です。
クリックして頂けると嬉しいです。



ブログランキング・にほんブログ村へ



Vol.102 テツガクは・・・自由ぅだぁー!(頂いたコメントへの返信に代えて)

でも、それは、やらない。


さて、昨日書いた記事
〈Vol.100 闘病の目的と「2つ」の不安〉http://tachyon516.blog.fc2.com/blog-entry-101.html

に、らんらん♪さん からテツガク的なコメントを頂戴しました。

コメントをこういう形で取り上げて本文ネタにするのは、「ブログムラ」のマナーとしてどうなのか分かりませんが。(笑)。

頂いたコメントにはワタシも相通じる部分があり、返信に変えて是非本文のテツガクネタにしたく、まぁコメントも公開してるし、らんらんさんもブログでご自分の状況を公開してるし、ってことで許して下さいね、らんらん♪さん (笑)


ワタシもまぁ稀な病気になっちまいましたが、らんらんさんはさらにレアな病気と戦っておられます。

らんらん♪さんのブログ
http://ran2.ldblog.jp/

ワタシなんかよりもよっぽど過酷な治療に挑んでおられます。

ご本人のブログでは、ご自身のお気持ちが包み隠されることなく、実に率直で飾り気のない言葉にて綴られております。

ワタシが言うのも生意気なのですが、その一見平易に見える率直な言葉が、とてつもない重みとテツガクを演出しているのです。



昨日頂いたコメントです。

> きちんとテツガクされていると思います。素晴らしい。
>
> 私は最近、とてつもなく虚しくなります。今という軸がブレてしまうのが原因です。
> 生かされていることに無理に意味を見出そうとしていまいます。
> 自然になりたい。と願っていますが、煩悩が邪魔をします。
>
> しかし、不思議で身勝手ですが、心配し悩む自分すら愛おしく感じます。
>
> 完治がゴールではないかもしれません。
> しかし、私は完治をひとつの目標にしたいです。
> というか、そう言わないと現実に押し潰されちゃいそうで、とにかく怖いのです。
>
> 未練たらたらです。でも笑わないでくださいね。
>
> 勇気を出して明日を迎えましょう。



虚しくなります、ワタシも・・・


ワタシの左腕には抗がん剤の点滴が落ちています。

ポタポタ垂れる点滴をボ〜っと見つめながら、

「どうせ効かないかもしんないのになんでやってんだろう」

「どうせやっても、近いウチに俺は死んでしまうんだしなぁ〜」


「どうせ・・・・どうせ・・・・・・・ヒロシです・・・ヒロシ・・・で・・す・」

と、どうせ、どうせ、と虚しさスパイラルになります。



病室の窓から見えるブロッコリーのようにモッコリした新緑は、濃い緑や黄緑など、沢山の緑の種類の色がコントラストしていて実に綺麗なんです。

まるで外に出れないワタシへの嫌みかのように。。。

ブルーハワイのかき氷みたいな水色の空には、それに砂糖を撒いたかのように、舐めると冷たくて甘そうな薄くて長い雲が漂っています。

鳥のさえずりと共に病室に吹き込む風は、ワタシに初夏の香りを届けてくれます。

ワタシはその風に誘われるように今にも点滴を引っこ抜いて、この水色の空の下へアルプスの少女のようにケタケタと笑いながら駆け出し、芝生の上に寝転んで、ひなたぼっこして、、、

さらに赤ワインとサラミでも持っていって、いや、寿司と白ワインがいいかなぁ・・・

いやいや、やっぱりここは俺が最も愛するポテチ&ビールかなぁ・・・

もう最悪はワンカップ大関と割きイカでもいいや。

少女っぽくないし・・・


・・・・・などと、思ったりします。


病室の中でお腹をタプタプにしながらひたすら点滴をするのが虚しいからです。

どうせやってもやんなくても変わんねーんだから、もう辞めちまおう、ポ〜〜い!!

って虚しくなって投げ出したくなるのです。



・・・でも、それは、やりません。



虚しいながらも、そこで投げ出さない方が良いと思っている自分がいるからです。

いや、結果は変わらないかもしれませんよ?

点滴を引っこ抜いて、外で昼間から酒を飲んでも治るモノは治るし、死ぬ時は死ぬかもしれません。


でも、病室で治療を受ける道を選択しています。

そっちの方がきっとワタシの望む人生に近ずくと考えているからですかね?・・・



虚しくなるのも自然、ブレるのも自然です。

煩悩もまた自然の働きなのだと思いますし、生きているコトへの未練を断ち切り、達観して死を待つ「楽」を得られ無いのも当たり前の「自然」です。

不安や恐怖に押しつぶされそうになる自身を情けなく思ったり、無理に自分の心を律して克己を目指し、自分には本来馴染まない考え方や思想法を強引に取り入れてみたり・・・

と、そうやって「無理にモガく」時期も自分にはありました。


しかしそれは「不自然」でした。

いや、でもそんな時期があったからこそ、今があるとも思えます。

それに、そんな「不自然な」時期もまたいつかはやってくるはずです。


そう考えると、その「不自然」も「自然」なんだと思います。


ちょっとまた言葉遊びになりましたが、「自然」は全てを超越してます。

ワタシの身体、思考、言動、訪れる事実などが例え「神様」という、いわば「運命の主宰者」に操られているモノだったとしても、それすらもまた「自然」の働きの一つでしかないはずです。

ありのままがすべて「自然」ですから、ワタシはワタシの心を何ら否定したり逆らったりすることなく、毎日を、今を、淡々と過ごして行きたいと思っています。

虚しさや不安に苛まれている自分の存在と、明るい未来のために強く治療に立ち向かう二人の矛盾した自分の存在にいつも心を二分され、揺さぶりをかけられていますが、それでも「今」なんとか生きているのです。

今、生きている、生かされてしまっている以上、日々の生活を、治療を、淡々と頑張っていくことしか出来ないのです。



「望む人生の為に頑張る」

病気になろうが、なるまいがこれは変わらないはずなんです。

ただ、そこに治療が入りこんで計画変更を余儀なくされた「だけ」です。

病気になる前と比べると、望むモノの形はそりゃ〜変えざるを得ないし、そのことに「絶望」したりはしたんですよ?ワタシだって?


でも本質的には病気になったからといって、何ら変わらないはずなんです。

いや、そんな簡単な話では無い 、との反論もあろうかと思いますが、簡単な話ですよ、これは。

今、ワタシは強くそう思えています。


病気になったとしても、

「ワタシの望む人生は何なのか?」

病気だとしても生きている以上、このテツガクを考えに考え抜いて、計画にして実行をする・・・

そのことからは逃げられまへん。。。



> 生かされていることに無理に意味を見出そうとしていまいます。


良く分かります。。。

・・・辛い治療に耐えてもどうなるか、結果が分からない以上、今この瞬間にどんな意味があるのか?

考えてみたくもなるし、分からなくもなります。


ワタシは前にも書きましたが、「人間は他人の為に生き、生きる意味は他人の中にその答えがある・・・」という極端なテツガクをもっております。(笑)。


ワタシの大切な人々は、ワタシの人生をワタシらしく楽しく生きて欲しい、と、そう思ってくれております。

また、仕事などを通してもまだまだワタシは誰かに貢献せねばなりません。

だからワタシはワタシの人生を頑張るのです。


決して、生きる意味を他人の責任に転嫁して逃げている弱い発想だ、とは思っていません。

むしろ、

「生きてる以上は誰かの為にならなきゃいけない」

そうワタシはある意味「使命」のような、重いワタシの自己責任であると思っています。

ワタシはワタシの人生を「生きなきゃ」なりません。


でも、そのテツガクは決して正解かどうかも分からないですし、そもそも病気だろうと、なかろうと、生きてる意味なんて無いかもしれません。

人間も動物や植物と同じですから、ただ子孫繁栄の本能に従うのみ、そこに理由なんて無し、チャンチャン。おしまい。

と言っちゃえばそれまでですしね・・・


まぁでもこうして、幸か不幸か、色々考えてしまうアタマが人間にはあるので考えてしまいます。

生きてる意味は正解がなく、誰も教えてはくれません。

あ、いや、誰かが教えてくれて、それを信じるパターンでもそれはそれでアリだと思います。


これは裏を返せば、自分で都合よく勝手に決めてしまえるのです。

ワタシのテツガクはワタシの勝手です。


テツガクは科学や数学と違ってまったくもって自由だからいいのですねぇ。

テツガクする人の自由です。


アインシュタインを否定する為にはアインシュタインと同等のIQを持つ人が、アインシュタインと同じだけの労力と作業で別の理論を発表せねばならないでしょうが、

プラトン先輩が「イデア!!」とか言っていたり、

親鸞先輩が「南無阿弥陀仏!!」とか言っていたりするのは、

「う〜ん、そんなもの分からないっすよ〜、先輩〜・・・」

と「言って」しまえばそれまでではないですかね? (笑)


こんなこと言ったらガチの哲学家・宗教家さんたちに怒られそうですが、悪気はないのです。(笑)。

それだけ哲学や信仰は誰にでも出来る自由でスバラシイものなんだ!って言いたいだけです。



らんらんさんは、完治を目標に、再び教壇に立つ、ということを目標に日々治療をしておられます。

ブログでは、患者フォーラムなどに積極的に足を運ばれて、ご自身の情報発信や、他の患者さんとの交流をしている状況などもお書きになられております。

稀少な難病ですから、治療法や薬が確立していない中、ご自身の為とは言え、カラダを張って病気の治療法の確立に、その「結果」だけを傍観しながら待つのではなく、「過程」から積極的に関わる姿勢は尊敬に値し、同じ難病患者のワタシも見習うべきと思っております。


そのように日々苦闘しながらも目標に向かうお姿は、我々に多くのテツガクを与えてくれているし、同じ病を抱える人の支えになっていることは間違いないでしょう。

らんらんさんの大切な人が「今」生きていてくれる、これはらんらんさんにとって何より幸せなことのはずですが、同じようにらんらんさんのご家族や大切な人はきっと、今の、ありのままのらんらんさんがこうして生きていることに幸せを感じておられるはずだと思います。

ワタシなりの「生きているのは他人の為だ」という勝手な解釈に当てはめれば、

教壇に戻る、という素敵な目標にチャレンジしている「今の」らんらんさんが「全て」であり、その存在こそが多くの人に多大な良い影響を与えています。

ここに「結果」は関係ありません。

誤解されると思うのですが、らんらんさんご自身が何より結果を求めていらっしゃり、だからこそ悩んでおられるのも分かっているつもりです。

しかしワタシにとっては、

らんらんさんが「今、苦悩しながらも生きている・・・」

それだけで十分過ぎるほど「意味がある」ことなんです。

ブレても未練タラタラでも、今、らんらんさんがそうやって悩みの中で生きていることに意味があるのだと思います。



「今日も健康な生活を心がけました・・・」

みたいなコトをらんらんさんはいつもブログの冒頭で書いておられます。

そのセリフがワタシは大好きです。


何故ならそのセリフがらんらんさんの、そしてワタシの「全て」を実にリアルに、そして簡単に表現しているからです。

大袈裟ではなく、これは我々のみならず、健康な人も含めた、人間の人生の本質を捉えた素晴らしいテツガクを含んだ言葉だと思っております。


虚しさ、恐怖、未練、絶望・・・

そして、夢、希望・・・


将来を思えば思うほど、気持ちは揺さぶられブレまくります。


しかし、ワタシ達が出来ることはなんでしょう?


望む人生が必ず将来訪れることを信じて、今出来る「健康への取り組み」を淡々と積み重ねるだけです。

淡々と、今を積み重ねるのみ・・・


それしかできません。


毎日、毎日、明日がより健康になれるよう、出来る取り組みを「今」淡々とやる、、、

それしかやること、というか出来ることはないのだと思います。


とりあえずワタシは今、健康への取り組みとして日々抗がん剤を点滴しております。

淡々と、淡々と、頑張るしなないですね。


らんらんさんもワタシも、今、淡々と健康への取り組みを積み重ねるだけ・・・

自身にとっての生きる意味を求めるのであれば、それしか無いと思うのです。

「今」を積み重ねる為に生きている・・・のかなぁ?



ワタシの枕、熊本くまもんパワー・・・



あ、ちなみにワタシは熊本と縁もゆかりも無いのですが、くまもんグッズが可愛いくてファンタジーだから、と、ジョカノのイモート(妹)が送ってくれています。(笑)



・・・以上はすべてワタシの勝手な個人的意見です。

失礼ご無礼お許しくださいね。


おわり

以下各サイトのランキングへ参加中です。
クリックして頂けると嬉しいです。



ブログランキング・にほんブログ村へ



Vol.101 明日から抗がん剤

納得いかない?


今日は明日からの抗がん剤に備えて検査です。

結論問題なく、明日から予定通りCODE療法4週目の点滴となりました。


採血の方ですが、白血球は9800とかなり高く、普通の人なら何か発熱やら炎症など、異常を起こしているだろう数値ですね。。。

しかしワタシの場合は連日白血球を上げる皮下注射をしているし、あとステロイドも常用しているので、こんなんでも体調に変わりはなく良好なのです。

医者も、大丈夫だろう、と。


筋炎の指標になっている数値や、腎臓、肝臓の機能の数値にも特に異常なく、血小板や貧血の数値はさすがに悪化していましたが、ここ数日は横ばいできている、とのことです。

数値の面ではなかなか優等生です。

ワタシのボディ、頑張ってくれてます・・・涙


ありがとうよ・・・


レントゲンを撮りましたが、先週と同じく、若干は小さくなってはいるようです。

今日とった写真はワタシも見せてもらいました。

大きく変化はしていませんが、確かに腫瘍が薄くはなっています。

まぁ、100あるものが、98になった、ってくらいですかね?(笑)


それでも主治医先生は喜んでくれてました。

抗がん剤は「現状維持」でも「効いた!」とされる世界ですから・・・

それは医療業界の話で、ワタシからしてみたら現状維持でアッパレ、とされても困るのですが・・・汗

患者の事情は千差万別ですから、医療関係者の事情とは別の次元だと思い知らされますね。


まぁそれは置いといて。


いつも面倒見てくれてる先生方が喜んでくれてたから、それは良かったです、単純に、素直に。

ワタシとしては大喜び出来るレベルではありませんが、少なくとも悪くはなっていないし、良い傾向であることは間違い無いです。

良しとしましょう。


肺活量検査もしました。

先週は3400とかでしたが、今日は3700でした。

ワタシのMaxは4200〜4300なので、完調まではもう少しですね。


3回くらいやりまして、もう少しいってるだろう、という感覚があったので、ワタシはおそらく怪訝な表情をしていたのでしょう、検査技師さんも気を使ってくれて、

納得いかないならもう一回やってみます〜?

なんて言ってくれましたが、まぁこれも悪くなっていないので良かったです。

また来週のお楽しみですね。

来週こそは4000いくといいです。


実際の体調についても、便秘やお腹の不快感も若干は残ってはいるものの、大分コントロールされてきましたし、他、倦怠感やカラダの痛みも気になるモノはありません。

筋肉の症状も気にならず、最近は階段の登り降りも出来ます。

食欲もありますから、総合して気分はいいですね。


明日からまた頑張れそうです。


さて、入院中のお楽しみ、ダルビッシュ登板でしたが、今日は負けましたね・・・

イチローにパコーン、とやられてました・・・

また次がんばって欲しいですね。


おわり

以下各サイトのランキングへ参加中です。
クリックして頂けると嬉しいです。



ブログランキング・にほんブログ村へ



Vol.100 闘病の目的と「2つ」の不安

結局大事なのは「今」・・・


記念すべき100記事目、ハイペースです。

いかんせん暇ですからね (笑)・・・書ける時にどんどん書いておきたいです。


今日はスカイツリーの開業だそうです。

あいにくの雨で寒いです。

雨の日はテツガク日和だし、記念すべき100記事目はテツガクチックな事を書きます。



ワタシは今、抗がん剤治療の真っ只中ですが、これは目的が当然有るわけです。

簡単に言うと「人生の目的を達する為のカラダ作り」ということになりますかね?・・・


「病気を治す」というのも目的と言えばそうかもしれませんが、少し考えると、それは「目的」ではなく「手段」になります。


今はワタシも入院が長引いており、この入院生活が普通になってしまい、これがワタシの人生の全てだ、闘病して病気を治すことこそが人生の「目的」なのだ!、という「錯覚」に陥りそうになることはあります。

この病院がワタシの人生のメインステージなのか、ずっとここにいなきゃならないのかな?、と、弱気になることもしばしばです。


でも・・・それは虚しい発想です・・・


ワタシの望む人生を実現するための「手段」として闘病をしているのだ、と、そう思いたいものです。

この闘病生活は、明るい未来があるからこその闘病なのだ、と。


ワタシが抱える、いわゆる「癌」や自己免疫系の病気は、明らかに特定された原因の無い病気ですから、なかなか「完治」という段階に至りません。

でもあくまで「人生の目的を達成するためのカラダ作り」が目的ですから、別に「完治」しなくてもいいのです。


ワタシはスポーツ選手でもありませんから、日常の家事や、仕事的には机での事務作業と電車と徒歩での外出、それと街で買い物などが一人で不自由なく出来るカラダ、、、何かあった時の為に小走り位は出来るようなカラダ?が望ましいでしょうか?・・・

いや、なりたいカラダのイメージはあるんですけど、言葉にするのは難しいですね (笑)

軽く水泳をしたり、ジムで軽く汗かいたり、好きなサウナに入ったり、たまには大酒を飲んだり、、、そんなことが出来ればなおありがたいですね・・・

高望みはしていませんが。


とにかく、頻繁に、また長期間入院して抗がん剤などをしなくて良く、もっと言えばステロイドなどの薬も常時飲まなくて良いカラダになりたいです。

高望みかもしれませんね。。。


まぁ夢は大きく!


そうなれれば、おそらくワタシの人生の目的を達する為には十分です。

そうなれるよう、しっかり計画を立てて実行せねばなりません。



今の目下の不安は、

「その目的のカラダを手に入れることが出来るかどうか?・・・」につきます。

不安は消えることは無いでしょう。

その不安に心を揺さ振られながらもなんとか、かんとか、日々生活しています。

「心を鍛え、己に克ち、不安と戦い、消し去るのだ!」という熱い気持ちは今の所無いです。

自然に構えて、不安とも付き合っています。



がしかし、、、

逆にその「目的とするカラダ」を手に入れたらどうでしょう?

不安は消えるでしょうか?


いやいや、、、

そうすれば次に、そのカラダを失うことがまた不安になります、きっと。


病気が治らない不安と、再発によって一度治った健康な体を失う不安は一緒だ、ということです。


目的を達成したらしたで、また今度は新たな目的を達成できない不安や、目的が見つからない不安、一度手に入れたモノを失う不安に苛まれるのです。


人生は常に不安なのです・・・(笑)



結局、将来を、ワタシの人生の目的を、しっかり意識して闘病したい、、、とは言いつつも、先を意識するとどうしても不安に襲われてしまうんです。

未来は未来であるほど、自分のコントロールが及ばない未確定な領域が多くなりますから、比例して不安が大きくなるのだと思われます。


ずっと今のまま入院してなきゃいけないのか?という不安・・・

退院して、望むカラダを手に入れても、また再発してそれを失うんじゃないか?という不安・・・


また、

将来に期待すればする程、それを得られない不安に・・・

生きていることが楽しければ楽しいほど、死ぬ事が不安に・・・



なるものです。



これは、仕方ない、です。

どうしたって不安からは逃げられません。

考えないようにして忘れられるようなモノでも無いです。



望む人生があることを信じて「今」やることをやるしかありません。

闘病だろうが、なんだろうが、病人だろうが、健康な人だろうが一緒ですね・・・


「過去」と「未来」をコントロールすることが出来ないなら「今」が全てになります。


ジャパネットタカタ社長もCMで言っているじゃありませんか!?

「国分さん、大事なのは、今、なんですね。」


おわり

以下各サイトのランキングへ参加中です。
クリックして頂けると嬉しいです。



ブログランキング・にほんブログ村へ



Vol.99 便秘と金環日食と・・・

あんまし暗くならないのね・・・


今日は例の金環日食でしたね。

興味無い、といいつつ、実は興味深々であったことを裏付けるように、丁度7時半前に目覚めてしまったワタシは顔も洗わず病棟に出てみると、何やら看護師さん達が、

ざわ・・ざわ・・ざわ・・ざわ・・・

近づくワタシに、観測用のメガネがあるから、どうぞ、どうぞ、と、とある看護師さん。


見てみると、


あら素敵・・・


雲間から幻想的な綺麗なリングが見れました!


見て良かったです!


感動した!


ありがとう!


貴乃花!


もっと暗くなるのかな、と思ったら全然明るかったですね・・・

不思議ですな・・・



この日食でチンパンジーが異常行動するらしい、という滑稽な話もあったらしいですが、ワタシのカラダにも異常が!?・・・

いやいや、ようやく便秘が解消されてきただけです。。。


抗がん剤でカラダがダルくなると、どうしても寝る時間が増えます。

普段はステロイドの副作用もあって不眠がちなので7時間寝れればかなりいい方なのですが、今週の抗がん剤では特に倦怠感が強くあり、直近の数日は10時間以上寝ていました。

日中もベッドに横になっている時間が多いです。

こうなると腸の動きも鈍るのか、ワタシは便秘になります。


これ、抗がん剤の副作用に限らず、ワタシの体質でもあり・・・

沢山寝ると、便秘します。

お酒含めて、暴飲暴食して、沢山寝てしまうと、翌日は出なかったりするんですね・・・


あと、飯を食べ過ぎると、便秘します。。。

おそらく沢山食べると胃腸が疲労して、排泄に力が回らなくなるのだ、と、自分で勝手に解釈してます。


直近は、抗がん剤中であるし体力を維持したい、ということと、

4月初旬の筋炎悪化の時期に食事が出来ず、落ちていた体重を元に戻そうと、CODE療法開始後、食事はむしろ多めに食べていたんですね・・・


それでいて寝る時間も多かったですから、まぁ便秘はある程度仕方ないと。。。


いい加減便秘も辛くなってきましたから、昨日から朝飯を抜いて、昼夜も減らして、〈合間でお菓子は食べますが・・・〉食べる量をかなり減らし、胃腸の疲労回復を図りました。

それで、今日はラッキーなことに副作用の倦怠感も取れてきたのか、寝る時間も少なくなり、腸も動いてきたのか、朝にはまぁまぁウ○コが出ましたね。


まぁ、今週水曜日からまた抗がん剤ですから、また同じ繰り返しになると思うのですが、なんとか排泄はコントロールするよう、これは色々努力しないといけませんね。

便秘薬はマグミットとプルゼニドを常用してますが、効いてるのかどうかわからないので、自分でも食べる量や寝る時間などを調整しながらやりたいと思います。

点滴してる際の「お腹のタプタプ感とオシッコの量の関係」を含め、このCODE療法を乗り切るカギは「オ○ッコとウ○コだ!!」というのが今の段階での感想であります。

汚くてすんまへん・・・


食事と睡眠はもちろんなのですが、それ以上にワタシは排泄が大事だと思います。

抗がん剤云々に限らず、人生において。大袈裟じゃなく。


体力を維持するためには食べないといけませんが、排泄がしっかりできないと当然食べる気になれませんしね。

人間、食事が基本ですが、さらにそれは排泄がしっかり出来ていることが前提ですね。


ウ○コ・・・

大事・・・

お○り

以下各サイトのランキングへ参加中です。
クリックして頂けると嬉しいです。



ブログランキング・にほんブログ村へ



Vol.98 日曜の病院って良いですよね?


静かだからね。


今日は穏やかです。

明日は金環日食ですね。

曇りだそうですが。


ワタシ、あんま興味ないっす、って斜に構えてます。

でも一応病室の窓から太陽を眺めて見ることにしましょう。

興味あるんじゃん。。。


体調はまずまずですね、倦怠感とそれに伴う便秘が相変わらずですが・・・


日曜日の病院は静かで良いです。

医者や看護師は当直体制で少ないです。

確かに何かあったら不安ではあるけど、平日は病室に来てくれる補助看護師さんや、掃除の人や、主治医、担当看護師のラウンドなどの訪問者もこないし、基本ほったらかしなので、ワタシは好きなんです。


朝夕に看護師さんが血圧を計りにくるくらいです。


他の患者さんも、週末を目指して退院や外泊をしますから、患者さん、ならびに面会の人も減って、病棟全体静かです。

病院内の売店なども、コンビニを残して休みですし。


毎日来る!、と言って聞かない母親にも、なんとか、かんとか日曜日だけはお見舞いを休んでもらっています。


一日中一人でノンビリです。

最近はもっぱらiPadで麻雀ですよ。(笑)

アタマの体操になるからいいですな。


でもね・・・

負けるとイライラするんですわ・・・これがまた・・・(笑)


おわり

以下各サイトのランキングへ参加中です。
クリックして頂けると嬉しいです。



ブログランキング・にほんブログ村へ



Vol.97 床屋は「非日常空間」


あぁ〜、きもちい、、、


今週の点滴が昨日で終わり、点滴のラインも抜けて自由の身なので、今日は病院の中にある床屋さんに行きました。


前のADOC療法をやって、一度髪は抜けて坊主にしたものの、このADOC中止から、今のCODE療法に至るまでに、髪がまた中途半端に生えてきていて、なんともみすぼらしい髪型になっていたんです。

そんでもってCODE療法開始から丸2週間たった今、生えてきた髪がまた抜けてきたもので、また綺麗にすべく床屋さんで刈ってもらいました。

髪が抜け始めると、部屋や布団や、排水溝が散らかってしまうので、いつもケモに絡んだ時期は坊主にしています。


この床屋さん、看護師さんに言って予約をとってもらう、という不思議なシステム。

行くと、他の患者さんや、あとここの医者も普通に利用してたりするので、なんとも不思議な感じです。


さすがに病院の中にある床屋さんなもんで、話は早いです。

バリカンの一番短いヤツで、坊主に・・・抗がん剤をやってて・・・

と簡単なキーワードを言えば、あとはオートマチックです。

ワタシと同様、この床屋さんでケモで坊主にする人は沢山いるようです。


外の床屋さんに、正直ワタシのような一見普通の若い兄ちゃんが坊主にしにいくと、色々話聞かれたり面倒くさかったりするんですけどね。(笑)

実際、普段は床屋は行かない人種ですから。


そういや、行きつけの美容院には年末以来いってないかなぁ?・・・

年明けに行こうと思ってた矢先に筋炎に倒れて、そのままケモ→この病院の床屋で坊主、でしたから。

ワタシの担当のN君は「最近ワタシさん来ねぇなぁ?」と、覚えてくれているかなぁ?・・・(笑)


ここの床屋さんは2回目、バリカンで手際よく、顔も剃ってもらって4000円弱、なかなかフルスペックの値段ですわ。

このデフレの昨今、散髪は駅で1000円の時代にね。。。


がしかし、なかなか良いサービス。

丁寧だし、愛想もいいし、何より病人だ、ということを理解してますから、話が早いです。

理容室としてのサービスに加え、病院としての患者のケアも意識している感じですから、4000円は高くありません。

鼻毛まで切ってくれます。(笑)


帰り際にここのマスターらしきオバサンに笑顔で、「お大事に、頑張ってね」と言われれば、嬉しくなります。

久々に社会に出れた気分になり気持ちよいです。

病院の中の床屋ではありますが、そこは病院の中とは違う、普通のシャバの空気です。


本来はこっちが日常の風景のはずですが、今、病室に居ることが日常のワタシにとっては、この床屋さんでの一時は紛れも無い「非日常」なんです。

リフレッシュには、非日常、が必要ですね。

人生、心を如何にリフレッシュ出来るか、本当に大事ですよね。


なかなか病院内でリフレッシュできる非日常が無い中で、床屋さんで顔を剃ってもらう時間は貴重なのでした〜

毎週行きたいくらい・・・




以下各サイトのランキングへ参加中です。
クリックして頂けると嬉しいです。



ブログランキング・にほんブログ村へ



 | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

プロフィール

ワタシ(@tachyon516)

Author: ワタシ(@tachyon516)
⇒ ワタシのスペック ・ 病気の経緯

最新記事

ツイッター

全ての記事&月別アーカイブ

2015年 05月 【1件】
2014年 10月 【1件】
2014年 06月 【3件】
2014年 05月 【12件】
2014年 04月 【15件】
2014年 03月 【9件】
2014年 02月 【2件】
2014年 01月 【4件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【7件】
2013年 10月 【14件】
2013年 09月 【16件】
2013年 08月 【19件】
2013年 07月 【18件】
2013年 06月 【22件】
2013年 05月 【14件】
2013年 04月 【13件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【22件】
2012年 12月 【30件】
2012年 11月 【28件】
2012年 10月 【32件】
2012年 09月 【34件】
2012年 08月 【7件】
2012年 07月 【23件】
2012年 06月 【37件】
2012年 05月 【39件】
2012年 04月 【50件】
2012年 03月 【23件】

カレンダー

<< 05
2012
>>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

記事のカテゴリ

カウンター 2013/1/20 ~

Template by たけやん