FC2ブログ

ワタシはカラダをテツガクする

病気が集まってくるカラダを自慢している。 生きてる以上テツガクするしかないね。めんどくさいけどね。

Vol.370 医療の進化は退化なのか?



放置プレイですか・・・


本を買う時は、たまにブックオフに行って105円の文庫小説を物色する他は、もっぱらアマゾンなどで欲しい本をピンポイントで買います。

でも、たまに目的も無く本屋に行くのもいいものであります。

自分が普段、あまり興味を示さない分野の本なども目に留まりますからね、新たな発見や、教養が広がる、、的な。

つまり、衝動買いをしてしまう、ということであります。笑。

そんな中で最近本屋に行って衝動買いしてしまった中の一冊。
※この日は5000円くらい使っちまった・・・無職のくせに・・・(>。<)



医者に殺されない47の心得 医療と薬を遠ざけて、元気に、長生きする方法

まあ普段から興味ある分野といえばそうですけどね、これはw

タイトルに吊られて買ってしまいましたわ・・・売れてるらしい。


著者はいわゆる現代の医療のあり方に否定的な意見を持っているようで、ガンに関しても今の標準治療とされるものには否定的なようです。

そしてその他の代替療法や食事療法などにも否定的で、結局ガンに限らず病気は全て放っておけ、的な意見を持っているようですね。

まあ他にも見かけますね、この手のタイプの医者を。


ここで本の内容は詳しく書きませんが、書かれていることは、「まあ、そうなんだろうけど。」って感じです。

だからと言って、じゃあワタシも病気を放置するか、というと、それはまた別な話。

特定の患者に対して、じゃあどうするべきか?という、その答えを与えてくれるような本では決してありませんけど。


似たような話になるかは分かりませんが、先日、NHKスペシャルにて、在宅での死(看取り)を取り上げていました。 
→家で親を看取(みと)る その時あなたは 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


科学や医療の進歩は目覚ましいものがあります。


でも、それが果たして本当に我々の幸福に繋がるのでしょうか?


抗がん剤も進歩すれば寿命が1年延びるかもしれない。

抗がん剤をしなければ、寿命は2年延びるかもしれないし、半年になるかもしれません。


1日のほとんどを、常に鈍く続く吐き気に襲われながら、諸々の副作用に苦しみながら、病院で1年生きるのか?

好きなモノ食べて、そこそこ元気に自宅で半年を生きるのか?


いったいいかにすべきか?

答えを確かめる術など有りはしません。


がしかし、そういった「寿命を延ばす」といったような医療の進歩が、本当は我々の人間らしさや、本来あるべきはずの幸せを、知らず知らずのうちに奪っているものだとしたら・・・


それはまさに医療の、というか、人類の退化と言えるのではなかろうか?

文明が進歩しすぎたラピュタが滅びた、みたいな話ですよ。


例えば人間が200歳まで生きられるほどに科学と医療が進化したのなら?

それは人間の幸せと言えるのか?

人間の発展とは、一人の人間がより長く生きること、そしてその個体の数を増やすことなのでしょうか・・・?

知らず知らず、我々は退化の道をひたすら進んでるのかもしれません。


上の本の著者は、直接は書いていませんが、
「ガンは治らない、ガンになったら死を覚悟して、それまでの間をより人間らしく生活すべき」
というような考えを持っているように見受けられました。

概ね、そういった考え方にはワタシは賛同です。
(※しかし実際にガンになってみると、その覚悟を持つことは非常に難しいことだと分かるのですが。)


これは一つ、ガンに限った話では無いでしょうが、我々が病気と関わる上で、この著者のような考え方は今後のスタンダードになる可能性は十分にあると思います。

著者が主張する「がん放置療法」が、今後の標準治療になるかもしれませんし、逆にガンを完全に完治させる技術がそれより早く開発されるかもしれないし・・・

どちらにしても、数十年、百年単位の未来の話でしょう。

ワタシはこの世に居ないでしょうけどね。

いろいろ考えさせられます。



・・・いやいや、

そんなことより、、

この人は慶応の先生なんですねえ。


医療も学問ですからね、研究やその発表には自由が与えられて然るべき、という大原則は分からなくは無いのです。

ワタシのようなアカデミックな世界に縁遠い人間が思うに、こういう活動をするのならせめて有名大学病院の医師という肩書は捨てるべきと思ってしまうんですけどね・・・?

だって、著者が批判する医療について、それに信念を持って取り組んで研究を日々している仲間の医者も慶応には沢山居るのだろうし、それを信頼して慶応を訪れる患者だって沢山居るはずですよ?

著者が批判する医療の更なる進化を願っている患者や国民も居れば、私立とはいえ、少なからずそれに対して税金も投入されているはずで、そしてその慶応の財布から著者も給料を得ているはずで・・・


大体こういう「アンチ現代医療」的な活動する医者って、大病院を去って自分で開業してたり、自由の利く地方の小さな病院に居たりするイメージなのだが・・・

日本の医学をリードしていくべき天下の慶應に居ながらにして、これほどのことを書いてしまうなんてね。

おそらく、著者的には、自分の主張に少しでも説得力をつけるために、慶応の名前を利用している、だとか、そういった「あえてこれを慶応で」という意図があるのでしょうけどね。


慶応っていうのは寛大なんですね。

大学が全てそういうものなのだとしたら、それはそれで良いことなのかな?学問の自由、ということを鑑みると?

なんか、この本を見てて、内容云々よりも、そんなアカデミックな事情に興味が湧いてしまいましたw

本そのものは読み易いので、ご興味あれば是非チェケラッチョしてみて下さい。


おわり

ランキング、、、好評下降中・・・クリックたのみます~
 ブログランキング・にほんブログ村へ   
スポンサーサイト



Vol.369 胸腺腫ほぼ4周年めでたい



あと1年


今日も体調は相変わらず、という所ですが、やっぱ身体ダルイですね~。

気分も少し良くなかったり。


まあまあ。

具合悪~、って程ではなく、

う~ん、、、なんかね~、って感じ。

腫瘍のある左上半身からわき腹
(おそらく腹膜・腎臓辺りに浸潤していっている腫瘍の影響なのだろうが・・・)
が、痛てえ!とまではいかないので大丈夫なのですが、ダル重~違和感~~的な感じで。


日中、ハロワに行ったのですが、帰って来てまたも眠くてどうしようもなくて昼寝してしまいました。

そして今この時間の夜もしっかり眠いです。

寝すぎです。

頭もボーっとするし、脳みそ減ってる感じがしますよ・・・


あ、

ハロワなんですけど、初めて窓口で相談をしてみたのですが、、、

担当についてくれたオジサン・・・

まあ~、しゃべるしゃべるw

止まらんでしたよ。

相変わらずハロワは大盛況で、ワタシの後も待ってる人居たんですけどね。

これも親切なコミュニケーションを心がけてくれている、ということなのだろうか?・・・

オジサンは暇だったのだろうか?

寂しかったのだろうか?

普段、職場で誰とも話してもらえないのだろうか?

・・・

などと、いらぬ詮索をしたくなる程にしゃべる・・・


ワタシの聞きたい事は2つ3つくらいで、ぶっちゃけ冒頭3分くらいで事足りてしまったのですが、その後もワタシが病気なものだから、まあ~懇切丁寧に色々とね、話をされましたよ、多分30分弱ワタシは相槌のみで聞きっぱなし・・・

参った・・・

無下に話をこちらから切る訳にもいかんし・・・

まあ、不愛想で感じ悪いパターンよりかはマシなので、それを良しとして。

かなり疲れてそのまま帰る気力もなんか湧かず、近隣にあったドトールでコーヒー飲んで休んで帰りましたわ、まったく。笑。


それはそうと、明日から世間はGWですかね?

丁度、4年前のこの時期は、生まれて初めて入院していた時期だったんです。

( この記事の頃 → Vol.11 過去の扉(6)2009年4月④「初入院・初気絶」

針生検でこの時期入院して、GW明けに正式に胸腺腫を告げられたんです。


一応、5年生存率の壁まであと1年・・・

4年・・・


ほんの少しだけ、病気じゃなかった自分を想像したりしてしまいます。

健康なワタシは何をして、どんな状況だっただろう、なんて考えたりします。


意味ないんですけどね。


病気じゃない自分を持ち出してくることは虚しく、そして、何よりもダサいと思ってます。

それは病気の自分を擁護する現実逃避以外の何物でも無くなってしまうんですよね、結局・・・


この4年でそれを学んだんですけど・・・

・・・といってもやはり節目節目でどうしても考えたくなってしまうんですが。

やれやれだな。


4年が長いのか、短いのか、結局良く分かりませんが、とにかく生きて居るのでラッキーだと思うことにしましょう。

またこれから1年、というか明日を、それこそ今を、淡々と生きて行きますかね。

まあ良かったんでしょう。

おめでとう4周年、ってことで。

わーいわーい。

やったぜべいべー。


おわり

ランキング、、、好評下降中・・・クリックたのみます~

 ブログランキング・にほんブログ村へ   

Vol.368 眠くて仕方ありません



寝すぎもね


相変わらず、身体にはブログのネタにするような変化も無く、平和な日々を過ごせております。

好調持続しています。


最近良く寝ています。 

春眠暁を覚えず的なやつでしょうか?

いや、今日は暖かくなりましたけどこれまで不機嫌になる程寒かったし・・・


酒、飲み過ぎでしょうか?

うん、その可能性が大です。


まあ寝れないよりは遥かにマシなので良いのですが、寝すぎるとキリなくなって、身体もどんどんダルくなっていきますからね。

へへ。

今日も朝起きて、コーヒー飲んで、う○こして、飯食って、大好物のステロイドを飲んでからまた眠くてどうしようも無くて昼飯まで寝てしまう、という暴挙・・・

ここ数日はそんな生活なので、体重増加気味であります。

維持したい体重+2キロって感じなので、このくらいで止めとかないと、後々面倒になりますね。

いかんいかん。


今日は昼飯後はさすがに、どげんかせんといかん!ということで、身体動かしがてら散歩してきました。

今日は暖かくて気持ちよかったですね。

撮った写真を2つ、まるでお爺ちゃんブロガーだな。笑。




近くの河川敷に咲いてた芝桜。




自宅マンションの、ワタシもバイクを止めている駐輪場の頭上が実は藤棚になってましてね、毎年キレイであります。

しかし、フジが綺麗に咲くとですね、クマンバチ(※正式にはクマバチらしい、ウィキった。)
がやって来るのですよ、毎年必ず。

フジの花の蜜にしか興味が無いらしく、人を襲うことは無いらしいですが、あのデカさで、ブンブン音させて飛んでますからね、こちらが刺されることは無いと分かってはいるものの、怖いんですよ、いつも。笑。

今年はまだ来てないみたいですが、毎年この時期は、バイクを動かす為にクマンバチにビビりながら出さなきゃいけないという・・・

そんなどうでも良い我がマンションの駐輪場あるあるを紹介しました。

フジの蜜は、さぞかしウマイんでしょうね。


急に散歩したからか、散歩してたら急に頻拍が起きました・・・

歩いていて急になることは珍しかったですが、すぐに収まったので大丈夫であります。

この頻拍も久々でした。

最近は心臓の調子も良好でしたので。


無理せず、無理せず。

心臓に優しい生活をしたいもので。


おわり

ランキング、、、好評下降中・・・クリックたのみます~

 ブログランキング・にほんブログ村へ   

Vol.367 寒くて寒くて・・・歯医者へ


寒いです・・・・

マジで。。。寒い・・・


寒さのせいか、身体はやはり重たいですね・・・

手先もあまり動かず痺れる感じがしますね。

抗がん剤の副作用なり、MGの症状なりだと思うのですが?


その他体調全般は特に悪くなっていることはないのですが。

腫瘍のある左、特に背中側が、ダル重~、な感じですが、熱なども無いし、痛み止め云々のレベルでは無いので、誤差の範囲でしょう。

全て寒さのせいだと思うことにします。


今日はまた歯医者行って来ました。

虫歯治しました。

今日は痛かった・・・

麻酔しました・・・

終わった後も結構痺れております。


その他、知覚過敏防止の薬を塗ってもらったり、マウスピースも作ることになったので、その型も取りました。

ピンク色の、魔人ブウみたいなスライム状の物を上顎にニュルっと押し付けられましたが、なんとも不快でありました・・・

次回にはマウスピースが出来るそうなので、楽しみですね。(※値段聞くの忘れた・・・高いの、これ?)


でも最近、歯医者行って色々やってもらっているので、何故かとても健康になった気がしますね。笑。

それはそれでいい効果だと思います。

全体のクリーニングもしてもらいます。


しかし寒い~

なんもする気が起きないけれども、

やることは~

やる~~

や~るぅ~~


おわり

ランキング、、、好評下降中・・・クリックたのみます~

 ブログランキング・にほんブログ村へ   

Vol.366 外来・検査結果です



GW確定


週の半ばは暖かかったですが、週末寒いですね・・・

ストーブ点けないと寒いです・・・


最近、ワタシのジョノカーである、ジョカノーさんの引っ越しでバタバタとしてまして、久々の更新になりましたが、生きておりました。

そんなバタバタの中ですが、一昨日金曜日は病院へ。

レントゲンと採血の定期点検です。


早速ですが、レントゲンは変化なし。

若干ですが、レントゲンで確認可能な腫瘍の影は薄くなっているようにも見え、いずれにしても、悪化していることは無さそうでした。


採血の、いつも気にしている主な項目は・・・

【左から前回(4/3)→ 今回(4/19)(カッコ内は一般基準目安)】

γGTP 155→155(65以下)

CK 41→85(200以下)

CRP 0.04?(※もらった紙の表記の意味が不明)→0.13 (0.3以下)

ヒト脳性ナトリウムBNP 48.6→13.8 (18.4以下)

白血球数 9.3→9.2 (8.6以下) 

抗ACHR抗体 4.6(3/1)→5.5(4/3)
※これは即日結果が出ないので遅れて判る。

直近は引っ越しの手伝いで、結構肉体的に疲れていたし、引っ越し祝いで酒を飲んだりもしていたので、採血の数字は乱れているだろうなぁ、となんとなしに思っていましたが、症状悪化が疑われる兆候は今回の所は無かったです。

悪化が続いていたγGTPも高止まったし、CKの上昇も肉体疲労で説明つくだろうし、心臓のヒト脳性ナトリウムBNPも基準内値に下がって来ました。
(心臓の調子は最近は良好、引っ越しの作業をハードにしても、頻拍は出なかったし。)

忙しくバタバタしてましたが、無理をし過ぎていた訳ではないし、また、精神的にも気分良く充実して過ごせていたので、それが何よりだったのだと、そう思うことにしましょう。

ということで、検査はめでたしめでたし、ってことになりました。


次の同じ検査はGW明けになります。

何事も無く、このまま無事にGWを過ごしたいですね・・・


繰り返しにはなりますが、体調は良好です。

引っ越しで疲れ気味ではありますが、作業も既に落ち着いたので回復するでしょう。

まあ、何より体調が良好であるからこその疲れですから、気分はいいです。

引き続き、淡々と。


おわり

ランキング、、、好評下降中・・・クリックたのみます~

 ブログランキング・にほんブログ村へ   

Vol.365 久しぶりの歯医者



歯ぎしりっすか?


最近、歯ネタばかりで恐縮ですが、今日は地元の歯医者に行ったんです。

昨年秋、入院している最中に、呼吸器の先生に気を回してもらって一度歯科医に診てもらって以降、半年程経っているので、そろそろ点検しといた方がいいだろう、と思い。

ステロイドで虫歯になりやすいだろうし、ボナロン飲んでるので、抜歯するくらいの大事になると大変だ、ということもありーの。

病人であればある程、お口の中はマメにケアをしないといけない、ってことなんですね。


これまでは、先日辞めた会社近くの歯科医を利用していたので、地元で歯医者を探すのは、おそらく学生時代以来の話になるかな?

小さいころから行っていた歯医者は、今もやっているのですが、そこの医者は昔から印象があまり良くないし、それから大分経っているので、医者も老化で腕もどうせ落ちてるはずだ、と思って、今回はここ数年で新しく開業した所に行くことにしました。

母親がそこを利用しているのですが、母親含めて地元のオバサマ連中の口コミ評判が良かったものですから。

歯医者も当たり外れ激しいですからね、ある意味初めはギャンブルですから、口コミ重要です。


予約時間に行ってみると、運よく院長先生に当たったのですが、50歳代くらいの、とても上品でキレイなオバサマ。

おそらくやり手だろうな、カネも持ってそうだー(笑)という感じでした。

かなりチャキチャキ話すので、多少ワタシは押され気味でしたが、きっちり話をしてくれますし、ワタシが問診にステロイド飲んでいることは書いておいたので、諸事情は察してくれたようで、話は早かったです。


大袈裟に言えば、インフォームドコンセントですか?かなり意識が出来ている感じでありました。

その院長が別の患者と議論している話も隣の席から聞こえて来ましたが、自分の信じる一つのやり方にこだわるタイプではなく、ちゃんとそれぞれの患者の事情に会った治療をカスタムして提案しているな、という印象がありました。

こりゃ良かったですわ。

いい歯医者を見つけましたわ。


さあ、

院長がワタシの口を見ると、なんと虫歯が4か所あるとのこと。
(マジかー・・・この半年で虫歯になったのかな?それとも半年前にはスルーされたか?・・・)

しかし、いずれも軽症で、総合的に良く磨けているよ、口の中はキレイよ、と院長先生談。


今日は虫歯2か所治すことになりました。

すると、横に居た若いおねえちゃんに治療を交代、アレ?・・・
(可愛らしい若い女の子だったので、てっきりワタシは助手さんだと思ってたのですが、お医者さんだったようです。院長はもっと大変そうな患者さんの所へ。)

この若い歯科医さん、なかなかぎこちない感じではあったけど、慎重に丁寧にやってくれたのか、ワタシの虫歯の程度が軽かったこともあり、麻酔せずに治療終わりました。


途中、何度か痛くないですか?と聞かれました。

本当は痛くなかったのですが、こういう場合、「痛くない」と答えると、医者が安心し、治療が勢いづいてしまい、削る強度を強くされる気がしたので、痛みを感じる前に「少し痛いです・・・」なんてワタシも言いながら医者を牽制します。笑。(ごめんよ・・・痛みは嫌なのだ。)

ここら辺は、数々の痛いことをお医者さんにされてきた中で身についた駆け引きであります。笑。


この若い御医者さんも色々と説明をしながらやってくれて、良かったです。

肝腎の知覚過敏なんですけど、院長先生曰はく、レントゲンなども見た所、どうやら歯が結構削れているようです。
(確か半年前もそんなこと言われたような・・・ちなみにステロイドとの関係性はワタシからは今日の所は聞きませんでしたが、先生が言わなかった、ということは、やはりステロイドと知覚過敏はオフィシャルには無関係とされているのだろう。)

日中は歯を食いしばったりするような記憶は無いので、やはり寝てる時の歯ぎしりですかね?・・・

前に一度、ジョカノ君に言われたことがあったけど、そんな激しくしているとも思えないんですけど・・・

実はウチの父親が歯ぎしりを寝ている時にするので、遺伝しているるのかもしれません。


この歯ぎしりは大いに知覚過敏の元凶となるようで、院長先生は、寝る時に付けるマウスピースを作ろう!と言ってくれました。(これ、高いのかな?)

はてはて。

どうなりますかね?

ガリガリ君をガリガリできる日はワタシに訪れるでしょうか?

いずれにしてもあと数回は歯医者通いです。


なんか、いつもの病院以外の病院(歯医者だけど。)に行くのも久方振りなので、なんか新鮮でした。笑。

でも、歯を治療されるのは、いつだって嫌なものですね・・・目隠しされて、口にドリル突っ込まれながらのあの機械音と感触は、大人だって泣きたい程嫌に決まってますね。

今日も麻酔無しでやるということでドキドキだったし、結果、ほぼ痛みは無かったけど、うっすら脂汗をかきました。

歯医者はマメに行ったがいいですね。

今日は行ってよかったです。


ちなみに、体調は良好です。

相変わらずの状態をキープしています。


おわり

ランキング、、、好評下降中・・・クリックたのみます~

 ブログランキング・にほんブログ村へ   

Vol.364 心地よい肉体労働を楽しんでいます



風呂に


昨日、今日は少し寒いですね。

なんだか風が冷たいです。

実家のワタシの自室は西側の奥で、日中は陽が当たらないから部屋が寒いんです。

その分、夕方は西陽でオレンジに染まる部屋は中々好きではありますが。。。

夜もなんだか寒くて、先日片づけたストーブをまた出す羽目に・・・我慢して風邪引いても仕方ないのでね。


この春、ワタシは会社を辞め、新たな生活をスタートさせた訳ですが、実はジョカノ君もこの春に新居を構えることになりまして。

既に新しい家は契約しているのですが、本格的な引っ越しは来週。


多忙な彼女に比べ、当然ワタシは時間を作れるので、ジョカノが新居を本格的に稼働させるまでは、ワタシが新しく設置する家具を手配したりしています。

ここ数日、実家とジョカノ新居を行ったり来たりして、掃除したり、届いた家具を組み立てて、段ボールを潰して、クイックルワイパーで掃除して、、なんていう、肉体労働を何も無い部屋で一人シコシコと、頑張っています。


新生活のスタートはいつだって楽しいですね。

ワタシは無職生活のスタートですから、本来こんな浮かれている場合じゃね~だろう?って感じですけど、そんなことはすっかり忘れて楽しんでおります。


新しい部屋をどんなテーマにしようか、

あ~でもねー、

こ~でもねー、、

「そんなのにするなら、俺は行かね~からな!この部屋には!!このっっ!!」

とワタシが言えば、

「ここは私の部屋だっっ!!このっっ!!」

と彼女が言い、

そんなこんなも引っ越しの醍醐味。

部屋のサイズを採寸しに行って、家具をネットで探して・・・


ワタシは届いたテーブルやソファーや、ラックやカーテンなどを組立てたり取り付けたりしましたが、こんなことも出来るようにまで身体も今は元気になったことを一人嬉しく思いました。

さすがにMGの影響は多少はあるのか、握力というか、やはり筋肉全体の持久力は無いようで、ネジを回していると早い段階で指と手首が動かなくなってきます。

立ったり、しゃがんだり、も増えますから、膝と太ももも疲れます・・・


そんなんではありましたが、またいつワタシも倒れるか分かりませんから、身体の調子が良い今、出来る時に色んなことをやりたいのです。

ジョカノにも出来ることはしておいてやりたい、そんな感じで頑張っております。

今はお蔭で腕や肩が筋肉痛ですわ・・・

風呂にゆっくり浸かりたい・・・


ということで、なんだか充実しております。

身体は疲れてますが気分は良いです。

今日は少し買い物に出た他はゆっくり家に居て回復に努めました。

ここで無理しすぎず、きちんと調整することが大事であります。

体調は良好、相変わらずの好調キープということで。


おわり

ランキング、、、好評下降中・・・クリックたのみます~

 ブログランキング・にほんブログ村へ   

Vol.363 歯の知覚過敏対策



衝撃の出会い


さっき、うどん食ってきました。

江戸っ子たるもの、ソバじゃろ! と息巻いてこれまで生きてきましたが、年々うどん寄りになっています。。。


体調は好調を維持しておりまして、相変わらずの平和な毎日を過ごせております。

このまま好調を維持し続けられれば良いのですが・・・

ずっとこんな日が続けばと思う程愛してたのに・・・シャらんQ。


前回、ステロイドの副作用(と思われる)で知覚過敏に悩まされている、って書いたんですけど、シュミテクトはまったくもってワタシには効果無いようで。

グラクソスミスクラインに文句を言いたい気分であります。

代わりに良く効く抗がん剤を作ってくれるなら許したいと思います。


昨年、入院してる時に、歯科医に知覚過敏の相談もさせてもらった時、普段の歯磨きが強すぎても、削れてしまって知覚過敏になる、みたに確か言われまして・・・

コーラも良く飲みますからね・・・それもいけないそうなんですが・・・

そう言われて以来、歯ブラシは「ふつう」から、「やわらかめ」に変えたのですが、ついにワタシは最近コレを導入しました。



電動歯ブラシー

いや~、すげ~っす・・・

衝撃ですよ、マジきちで。

これまでは、アンチ電動でした。

「絶対に磨けるわけねーだろ」って思ってたです。

しかし、周りでも結構使ってる人が居て、なんとな~く気になってた所で、アメトーク家電芸人で「すげ~ぞ電動は!」と、やってるのを見てしまい・・・

翌日もう我慢ならずコジマ電機に走りました・・・笑。

ちょー磨けます・・・

歯がトゥルトゥルです・・・

ただバイブしてるだけで、こんなに磨けるとわ・・・恐るべし・・・

歯茎にも負担少なく、かつ今までより磨けている感じなので、こりゃいいっすわ。

知覚過敏はこれで改善はされないだろうけど、より酷くさせない為にはなるかな~、などと思っておりますがどうなのだろう?


というか、腕もほぼ動かさずに磨けるので、入院中や、寝たきりになっちゃった時など、絶対にいいですよ、これは!

ワタシも去年の夏、倒れていた時は、初めは看護師ちゃんに歯磨きしてもらって、リハビリ兼ねて徐々に自分でするようになってからも、筋力落ちて動かない指と腕と格闘しながら、右手疲れたら左手投入したりしながら、そうしているウチに口と首が疲れて垂れてしまって・・・

ほんと毎日必死こいて歯磨きしてたものでした。

寝たきりとかで、体力落ちて免疫弱っている時ほど、特に頑張って口の中は歯磨きしてキレイにしてないと、虫歯など感染してしまう、って言いますからね。

この電動があったら当時のワタシもどんだけ楽に歯磨き出来ていたか・・・

もっと早く出会ったいたらと、少し切ないね。

手動派のあなた、

一度試してみる価値は絶対にあります。

ちなみに、上の写真のヤツは充電式で確か7000円くらいでした。




ちょっと前、昨年秋に食べそびれた、念願のコンポタを食いました。

コーンそのものもかなり好物なので、これはもう超うめ~っす!

たまらん。

知覚過敏で、「 ちべて~よ~ >< 」と悶絶しながらも食ってます・・・

これもたまらん。

ステロイドを捨てロイドして、知覚過敏が解消されて、これをガリガリ食える日を夢見て・・・w


おわり

ランキング、、、好評下降中・・・クリックたのみます~

 ブログランキング・にほんブログ村へ   

Vol.362 ステロイドの副作用の現在状況



とにかく顔が・・・


現状、ワタシの命綱となっているステロイド(プレドニン)も、かれこれ2年弱飲んでいます。

一番初め、2011年夏に胸腺腫の治療目的で「30ミリ/毎日」から初めて、途中、かくかくしかじか、30~20ミリの間で増減を繰り返したりなどして、2012年夏の、胸腺腫増悪→筋炎悪化→心筋炎があって以降、今に至るまでは、ほぼ30ミリ/毎日をキープしています。

色々と副作用と思われる症状も変遷してきた感がありますので、気になる点なども含めて、ちょっと頑張っておさらいしておこうと思います。


○初期に酷かった背中のニキビは今はほぼ解消されている。

2011年くらいまでは背中のニキビが沢山出ていましたが、今はほぼ無いです。


○不眠がちなのはここ2~3か月くらいで解消されてきた感がある。

といってもたま~にやはり眠れなくなることはあって、ここ1週間では2~3日程度は不眠がちでしたね。

でも総合的に振り返ると「いつも不眠がちだ」ってことは、年明けくらいから無くなって来ていると思います。

むしろ良く寝れている、という印象が強いです。


○糖尿の気配は今の所無い。

血糖値も安定していますし(毎日図っている訳では無いが、病院で採血する限りでは大丈夫)、2月くらいのヘモグロビンA1cも確か問題なかったので、まだ平気でしょう。


○骨粗しょう症は大丈夫。

昨年秋、入院中に骨塩定量(骨密度)を図った時は、「ぎりぎり標準」でした。

その時は、夏に倒れて寝たきりから復活したばかりでしたので低かったかもしれません。

いずれにしてもその結果を見る限りではまだ大丈夫そうです。

予防の薬、「ボノテオ」も月1で飲んでいます。

効いてるかどうかはわからんが。


○精神面への症状は無い。

イライラ、興奮、不安、落ち込む、ということはいくらでもあるけど、ステロイド飲む前からいつだってそんなことはあるし・・・なにか症状が出ているとは思えないです。


○食欲の変化は感じない

よく、食欲が増す、と言われますし、ワタシも一番初めにステロイドを処方してもらったA病院の呼吸器の先生なんかもこれを良く言ってましたが、特にステロイドを飲み始めてから食欲が増した、という実感はありません。


●肝機能は悪くなる時がある。

先週もγGTPは150と高いレベルではあるけど、採血数値上の話であって、何か症状がある訳でも無いのであまり気にならない。

初期は肝機能が悪くなった為に1週間ほど薬を飲んだことがあったが、それ以降、今の所は大丈夫。

しかし、肝臓はまさしく身体の「キモ」であるので、特に酒との付き合い方含めて大切にしないと、と思っている。


●足の裏と、ふくらはぎがつるのは、ステロイドのせいではないか?

去年、夏に倒れて以降、足の裏とふくらはぎが、特に横になって寝ている時によくつります。

「ステロイドミオパチー」と呼ばれる副作用もあるそうですが、これは筋力低下など、筋炎やMGの症状と似ているものだそうなので、つる、というのとは違いそうです。

糖尿病でもつる、という情報もありますけど、採血上は糖尿の気配はありません。

カリウム不足、運動不足か、というのは、先月くらいに神経内科の先生に相談した時の話。

採血上は栄養状態に問題なさそうだし、運動不足といっても、そこまで動いていない訳でも無いし・・・

ってことになると、やはりステロイドと絶対関係がありそうだ、とワタシは疑っています。

実はここ1週間くらい、結構よくつるので、今度、神経内科の先生に会う時、何気なくまた聞いてみようと思います。


●体毛が濃くなった。(髪の毛は逆に薄くなっているのでは無いか!?)

これも去年夏、心臓で倒れてから急に体毛が濃くなってきました。

何故でしょう?ステロイドの影響なのか?単なるオッサン化なのか?

しかも、おでこは広くなっている気がするのだけど・・・!?男性ホルモン的な何かと関係しているのかな?・・・


●ムーンフェイスは出ている。

これも去年春以降くらいから出てきたようです。

今年の1月末くらいに、2~3年ぶりに会った人に、「顔パンパンじゃん!」って言われました。

体重はその当時から10キロは減っているので、ムーンフェイスは相当出ているのでしょう。

自分では日々あまり気づかないんですけど、やはり過去の写真などを見ると明らかに今のワタシはムーンフェイスだと実感します。

まあ、見るに堪えないレベルでは無いので、あまり気にしていませんし、どんどん酷くなっている、という訳ではないので、今の顔のむくみ具合をキープ出来ればいいかな、と。


●初期には無かった顔のニキビは酷くなってきた。

これは昨年秋、入院している時くらいからですかね、今現在はこれに一番悩まされているといっても良い。

とにかく顔が痒く、おでこと、ほっぺたはぶつぶつです。

たまに、酒を飲み過ぎて、脂ものを食べ過ぎたりすると、相乗効果なのか、一気にニキビの花が満開になってしまいます。

入院している時などは、塗り薬を処方してもらったりもしたのですが、ほぼ効果なく、辞めました。

対策と言えば、マメに洗顔して、保湿して、という程度です。

ムーンフェイスと合わせて、もはやワタシはもう、イケメンではありません。

残念無念。


●歯の知覚過敏にも悩まされている。

これ、オフィシャルな副作用とされていないようなんですけどね。

ワタシの他にも同じこと言っている病人の方とかも居るので、これは副作用なんだと思うのですよ・・・

ガリガリ君食べるのも必死です。

じゃあ、食わなきゃいいじゃん・・・って感じであります。


《気を付けていること》

気を付けようが無いじゃん、って所で、結局、「常識的な健康的な生活を送る」ということくらいです。

糖尿や骨粗しょう症を少しでも予防する為に、体重の変化に気を付けて、出来る限り運動して、日光浴びて、カラダに良いモノ食べて、カラダに悪いもの食べて暴飲暴食もするけど、ちゃんと後から節制して調整して、って感じです。

あとは、感染症予防ですかね。

免疫抑制剤、というくらいですから、とにかく手洗い、うがい、は念入りにしてます。

自室には手を消毒するやつ置いてますし、外出先でもそれを見つけたら必ずシュッとやります。

マスクもします。

あとは柑橘類を良く食べる、ってことでしょうか、ビタミンね。笑。

レモンはほぼ1日1コ、ミカン類もかなり食ってます。

デコポンを良く食べたな、今年は。

おかげで去年の冬の前に退院してから、インフルにもならず、風邪もひかずに冬を越せました。


以上、そんな感じですかね、今の所は。

これ以外に、高脂血症やコレステロール云々など、何か採血上で問題を指摘されたことはありませんし、体感的にも特にこれ以上何かを感じることはありません。

また何か思い出したら追記します。


これを見てくれている方で、ステロイド飲んでる、って方が居れば、情報交換させて下さい。

気を付けていることや、この記事見て気づかれたことあれば何でもいいのでアドバイスや情報なんかもらえると嬉しいです。


・・・去年から、ご覧のとおり色んな副作用が表れてきたように、命をステロイドで繋いでいる、とは言え、確実に身体をむしばまれている気がします・・・

30ミリ/毎日、というのは中長期で維持する量としては相当な量だと思います。

今はまだ「若さ」という面でカバー出来ているのかもしれませんが、将来を思うとワタシは大いに不安で仕方がないです。

ふうー。

やれやれ。。。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「早くステロイドを捨てロイド!」

という、サブいギャグでワタシを励ましてくれた、笑、らんらん♪さんも、昨日書いた通り5日に亡くなってしまいました・・・

なにか昨日からぼんやりと、らんらんさんのブログを再読したりしてます。

無念だったであろうけど、とにかく、最期の方は大分痛みで苦しんでいたようなので、それからようやく解放されたことだけは、よかったのかな・・・?と思っています。

ゆっくり休んでくれてるといいな、と思う。


らんらんさんの分まで、というのは非常におこがましい勝手な話なのだが、ワタシは淡々と、毎日を、ステロイドを捨てロイドする日を夢見ながら、生きて行こうと思います。


今日は晴れてますが強い風が残ってます。

風は嫌いだ・・・


おわり

ランキング、、、好評下降中・・・クリックたのみます~

 ブログランキング・にほんブログ村へ   

Vol.361 がん治療と仕事(会社員)の両立は不可能である(可能とする為には?)



人類補完せずに


最近、会社を辞めたのですが、その旨を先日書きました。

→ Vol.352 がん治療と仕事(会社員)の両立は不可能である(その理由)

ちょっと間が空いちまったんですけど、「じゃあどうしたらいいかなー」ってことをクドクド書いてみようと思います。



今現在、例えば、傷病手当金など収入を保障したりするものは制度としてあるものの、今のワタシのように、
「完全休養までは必要ないが、かといってフルタイムの完全勤務は治療と両立するには少し無理がある・・・」
というような、中間的病人(と仮に呼ぶことにして。)みたいな人間が、少しでも働き続けられる制度があればよかったと思います。


ワタシもしてもらっていたような時短措置もそうだけど、時短だけでは無く例えば週休3~4日とかにして時間的な柔軟性がもっとあればいいと思います。

そして何よりこれが大事だと思うのですが、そのシフトでこなせるような業務内容(対外的な仕事を減らして、アシスタント的な作業になると思うけど。)を工夫する必要があります。(※ワタシにはこれが無く、時短になっても仕事の量と内容は変わらなかった)

それに伴って柔軟な雇用形態(もちろん報酬も連動)も必要となるでしょう。

また、ITがこれだけ発展した昨今、在宅勤務をそこに絡ませることも難しくないはずです。


一方、前にも書いたんですけど、(→Vol.334 難病助成拡大と病人へのセーフティネット)
「そもそも病人が無理に働かなくてもいいようにする」為に、収入保障など行政の支援を手厚くする方向性もあるのかもしれません。

しかし今のご時世で社会保障の拡大は難しいし、少しでも働ける人には、やはり働いてもらった方が、その人にとっても、社会にとっても、そりゃ有益な訳で・・・(もちろん、少しも仕事をすることが困難である病人への支援は手厚くなることを望むけど。)

そういった「多様な制度」を実現するに当たって、ワタシは労働関係の法規は知らないけど、ここ数年、雇用に関する規制緩和というのが、かなり世間でも議論に登っているように、企業が柔軟な雇用形態を企画出来るようなフォローが進めばいいと思います。

この雇用に関する規制緩和は、「解雇しやすく」、みたいな形も含まれているはずだけど、多くの企業が柔軟で多様な雇用形態を持っていれば、再就職もし易くなるはずなので、全体的に見て雇用の流動化の促進に繋がればいいと思います。

こういった雇用を促進する規制緩和や政策は何より明るい将来に繋がる投資のはずですからね、社会保障費が大変なのは分かるが、将来の社会全体の成長の為にも、規制緩和と併せて行政には積極的な投資もしてもらいたいものです。



はたまた、

そういった制度があったとしても、それを運用する為には当然人は増やさないといけないでしょう。
(人を増やすなら雇用形態や制度を多様化しなければならないだろうし、逆にそれが多様化されれば人は増えると思うけど。)

また、例えば一部の会社では実施されているらしいんだけど、育児中などフルタイムで働けない社員が2人でチームを組んで仕事を行い、1人に何かあっても、もう1人がフォロー出来る、というようなリスク分散の制度があれば、フルタイムで働けない人も気兼ねなく働き易いと思います。

ワタシのが居た会社でも見られたけど、一人のマンパワーに依存している業務はいくらでもありました。

その人しか、その業務を知っている人がおらず、その人が抜けた途端業務が止まってしまう、というような場面はいくらでもありました。

その人がいつでも仕事を優先できる人間で、病気もしなければ大丈夫、ということなんですが、そうはいかない場合も当然あります。

企業からしてみてもリスクヘッジになって良いと思います。



そして、

何より一番大事なこと、こういった制度を実現して、そしてその運用を担保する為には、何よりも「多様な境遇の他者を理解し合う」というマインドを皆に醸成することが必要だと思います。(壮大な話になっちまいましたが。)


日本はこれまで製造業をメインに、戦後から急速な高度成長を果たしてきました。

豊富な若い労働力を新卒一括で大量採用し、終身雇用を前提に、欧米の仕組みも参考にしながら、一から教育して、その社員とともに企業も、そして日本も、揃って成長をしてきました。

社員も当然、朝から晩までフルタイムで働ける人間が前提でした。

企業もフルタイムで働いてくれて、ずっと貢献をしてくれることが約束された人間で無ければ、一から教育する、という大きなコストをかけられなかったと思います。

男は仕事を第一として企業戦士となり、女は専業主婦となり家庭を守りました。
(ワタシの両親も、団塊世代よりも少し若いけど、まあそんな感じです。)


今はもうこのような時代では無いのですが、まだまだ日本の社会には、こういう「男=フルタイムでバリバリ仕事、女=家庭第一」みたいな価値観は深く残っているし、システムもまだまだこのような価値観を元に構成されたものが残っています。

この価値観が社会を支配する限りは雇用の多様化は進まないと思います。

今はもう産業の構造も変わって高度成長の時代とは違い、先進国に限っては労働者の人口は減るばかりです。

古い価値観が悪い、ということではなくて、今の時代には馴染まないのでは?ということです。

これまでの価値観が支配する「新卒一括 → 男中心 → 終身雇用」というようなシステムでは、企業も社会のニーズにあった価値を生み出せなくなって成長しないだろうし、それは当然、雇用の多様化どころか、逆に雇用の減少となり、個人も生活出来無くなってしまうでしょう。


といっても、それを悲観しても仕方ないので、こういった多様な境遇の他者を理解し合うという価値観を、企業も個人も自ら積極的に自家培養して、今までとは違う発想をして、雇用の多様化を含めた社会のニーズを捉える新しい価値を生み出す努力をしていくしか無いと思います。

論理は逆転してしまいますが、多様な境遇の人を企業が有意義に活用する為には、当然、雇用形態も多様化していないといけません。


ではどのようにして、「多様な境遇の他者を理解し合う」のか?

これは分かりません。

ワタシは病人になって、フルタイムで働けない、いろいろな制約が出来たので、同じような境遇の人を理解することが出来たと思います。

でも、病気にならなかったら、おそらく理解出来なかったかもしれません。


人と人とが完全に理解し合うことは不可能だし、その必要も無いのかもしれませんが、理解を出来なくとも、「否定はしない」ことが大事なのかもしれません。

お互い尊重し合う、歩みよる、妥協する、そんなイメージですかね?

やるべきことは大体皆わかっているはずですから、あとはやればいいだけなんですけどね。



企業や、健康な人に、こういった病人としての境遇をもう少し理解をしてもらいたい、という欲求はワタシにもあったりしますが、かと言って我儘を言うことは出来ません。

確かに、ダイバーシティというものを実現し、出来る限り多くの雇用を生み出すことは企業が果たすべき最大の社会的役割であるし、それなりのメリットもあると思うのですが、企業の本質はあくまでビジネスであり、それは常にライバルとの競争です。

我々病人も、病人だからと言ってダイバーシティのスローガンのもと実現される制度に対して、甘えていてはいけません。

我々も我々なりに、ただ企業や社会のお荷物となって甘えるだけでなく、当然、出来る範囲での貢献をして、何らかの価値を生み出すよう頑張らなければなりませんね。

それだけは忘れないようにしたいとワタシも思います。


ってか、この記事もなんだか社会への文句になってる気がするがw

まいっか。

残念ながら、これが今のワタシのクオリティだ。

これからも、こういった問題は考え続けることになるでしょうから、また何かいいことを思いついたら書いていきたいと思います。


おわり

ランキング、、、好評下降中・・・クリックたのみます~

 ブログランキング・にほんブログ村へ   

Vol.360 らんらん♪さん、死んだみたいだ・・・


どうやら、らんらん♪さんが亡くなったようです。

→ らんらん♪さんのブログ http://ran2.ldblog.jp/


直近までのブログで大変な状況にあることは分かっていて、そしてここ2~3日で更新が止まったので嫌な予感はしていました。

とりあえず、今思うことを。


らんらんさんとはツイッターで知り合いまして、(といってもリアルにお会いした事は無い。)ブログも観させてもらっていて、このブログにも沢山コメントを寄せてくれて、またワタシも文章中でも絡ませてもらったりしていました。

→ Vol.102 テツガクは・・・自由ぅだぁー!(頂いたコメントへの返信に代えて)

→ Vol.258 続・覚悟を求めたくなる事情(コメントへの返信に代えて)


らんらんさんは、真面目で不器用な男です。(笑。ごめんね、らんらんさん。。。)

ワタシは彼のブログに綴られた様々な苦悩、葛藤、心の矛盾を見る中で、その不器用さに時に歯痒くなったりしたものでした。

もう少し楽な戦い方、というか、器用に、うまく立ち回って病気と付き合うこともしていれば、また違った結果になったのかな~、とワタシはなんとなくそう思う。


しかし、らんらんさんにそれは出来ないのです。


その「真面目さ」「不器用さ」は、何より、らんらんさんが「教師」であることの証です。


不器用であろうとも、真面目さゆえに遠回りになっても、やり方に答えが見つからなくとも間違っていようとも、夢や目標に向かって愚直に、真面目に、自分を信じて頑張り抜くことの大切さ。

そういったことは人間が人間らしく生きていく為に最も大切なことの一つであって、あなたはその背中でそれを十分に生徒達に語れていたとワタシは思っています。


あなたは、自分の「いのち」を犠牲にしてまでも、その病気に向かう姿勢を通して生徒達に多くの「何か」を残したことは間違いありません。

ワタシにも語ってくれた、「教壇に戻る」という、あなたの夢。

あなたは既に達成していました。


あなたの望む結果を出せなかったあなたは、無念だと思います。

しかし、既にあなたの望む結果は達成されていると思います。


病気に向かうあなたは、闘病生活という教壇に立ち、「いのち」という授業を既にしていましたよ。


常にあなたは教壇から降りることをしなかった。

そして死んだ。


教壇から降りれば、もう少し楽に生きられたかもしれないね。

ワタシはそう思う。


でもそれが出来ない、そうしない、

そんならんらんさん、

あなたは、

聖職者たる真の「教師」です。


お疲れさまでした。




言っておきますが、

ワタシはまだ当分そっちには行きませんよ。笑。


ご冥福を祈ります。


おわり

ランキング絶賛降下中・・・><

 ブログランキング・にほんブログ村へ   

Vol.359 外来の結果です



はぁードキドキした


今日は一昨日撮ったCTの結果を聞きに外来へ。

前の人が出てからワタシが呼ばれるまで、かなりのタイムラグがあったので、これはのっぴきならない事情があったに違いね~!!と、もうワタシはドキドキ、心臓もバクバクしながら待っていました。


呼ばれて・・・


先生と一緒にCTの写真を見ましたが、結果、増悪はしておらず問題なく落ち着いているだろう、とのこと。

僅かながら縮小して見える場所もあり、いずれにしても大きくなっているような場所はありませんでした。(というか今日の所は見つからなかった、というのが正しいけど。)


ただ、前回のCTで見つかった、腫瘍では無い怪しい影(今日は、肺臓炎、と先生は言っていた。)はまだ残っており、範囲が少し大きくなっているようでした。

影の出方からして、ほぼほぼ放射線の影響での肺臓炎であろう、とのこと。

ちなみにワタシはこれの為に、何か呼吸苦になったり等の症状は一切感じません。

局所のものなので、症状が無いのだろう、と先生は言っておりました。

放射線の副作用ならば、これは仕方ありません。

ちなみに、採血も特に問題は無かったので、特に早急な対処も必要なく、経過を診ればいいだろう、とのことでした。


採血ですが、問題無かった、と言っても、治療が何か必要な訳では無い、ということで、依然として白血球は9300と高め、ガンマGTPも前回110から、今回は150になってました。

ステロイドの影響だろうと先生も言ってますが、ガンマGTPに関しては、直近はそこそこ酒を飲んだからかもしれません。

GOTとGPTは正常値なので、まあステロイドか酒の影響ってことで、大丈夫でしょう。

肝臓そのものに何か起きている可能性は低いでしょう。


CKも40台と横ばいで問題なし。

心臓の状況の参考となる「ヒト脳性ナトリウム利尿BNP」という項目も高かったのですが、これはワタシは昨年退院した直後の11月にも今日と同じ程度に高かったことがありました。

これは不整脈などにも反応するとのことらしいのです。

実はここ1週間ほどで2~3回、例の頻拍が起きてたりしたので、心臓が多少疲れ気味なのかもしれないですね・・・

といっても、まだこの数字だと様子見でいいようで、ってか、逆に対処のしようも無いのでね・・・引き続き心臓に優しい生活をするしかないです。

ここ数日は、今日の検査結果を聞くのが不安でストレスがありましたから、そんなのもあるかもしれません。


ってな訳で、ここ数日今日の結果が不安で憂鬱な日を送っていましたが、なんとか乗り切りました。

経過観察続行であります。

ちなみに、ステロイドはまだまだ当面30ミリ維持です。

減量にチャレンジするとしても夏~秋になる見込みです。


次のCTは2か月後になりました。

それまでですが、一応肺臓炎のこともあるので、2週ごとに採血とレントゲンを撮ることになりました。

今日の所はめでたしめでたし、という所ですかね。


ストレスから解放されたので、今日はワインで乾杯しておきます・・・

へへへ。

ガンマGTPなんぼのもんじゃい、ってことで今日はご勘弁。


おわり

ランキング絶賛降下中・・・><

 ブログランキング・にほんブログ村へ   

Vol.358 明日、裁かれに行きます



もう緊張して目が回ってます


昨日、造影CTと採血だけをしに病院へ。

いつもは、その後の外来での検査結果説明まで1日で全てやってもらっていましたが、今回はCTを先撮りで。

1日で全部やるので、いつもは朝から夕方まで一日仕事(ほぼ待ち時間)でしたが、こっちのがトータルの時間が短縮できそうです。


といっても、またわざわざ病院に行くので、手間ですけどね、どちらが良いかは不明。

患者に結果を説明する日程までの時間を少しでも空けた方が、お医者さんも慌てずに画像を診られるだろうから、何かを見落とされるリスクも減るだろうし、もし何かあった場合に対策を検討してもらう時間も取れるだろうし、、、そういう面ではいいですかね?

でも、いくらか時間が空くので、その間こちらは緊張が持続する、ということもある訳で。

明日、昨日のCTの結果を聞きに行きますが、今から緊張して、憂鬱です。

いつまで経っても、この検査結果待ちのストレスは慣れません。

このストレスで腫瘍が大きくなりそうですわ・・・っていうか、なってると思う。笑。


前回CTから、まだ約1か月ですし、今も体調は相変わらず好調持続しているので、体感的にはまったく問題無いのですが、採血の数字や画像上の腫瘍の大きさは体調と連動しないことをいくらでも経験しているので、不安が消える訳ではありません。

それに、生活への支障はまったく無いのですが、腫瘍のある左上半身の痛みが、たま~に、ピキッ、とすることもあるので、これも嫌な予感の理由になってしまっています。

まあ、逆にこの1ヶ月も変わりなく体調がよかったことを考えると、良い結果である、とも思うんですけどね。

要するに、良くなる理由も、悪くなる理由も、挙げればキリが無い、ということ。

その時の体調が良ければ良い程、逆に悪くなる不安が大きくなるので、検査結果を聞くのもドキドキしますけどね、まあ、今から何をしても、何を考えても、どうにもならないので、いつも通りに、平常心を保ちたい所ですが・・・


そんな緊張感の中、

今日はまたハローワーク、いわゆる「こんにちは、仕事。」へ・・・

東京地方、昨日の午前中の嵐とはうって変っての好天に恵まれた絶好のハロワ日和の中、バイクをかっ飛ばして・・・


いや~、しかし、ハロワは大盛況でした。

失業者沢山います。

失業率はこれで4とか5%とからしいですからね、25%を超える国もあるヨーロッパなどの状況がいかに悲惨な状況か、垣間見た感じがしますです・・・単純に、あのハロワに居るワタシも含めた連中の数が5倍になるなんて悲劇的ですわ。

今日もそんな社会勉強を。


ハロワでは説明会を受けましたが、狭い会議室に、椅子がビッシリ並べてあり、ほぼ満席・・・息詰まります・・・あまり体力の無いワタシには辛い環境でした。

あの密室で、あの人数なので、インフルエンザの人が居たらワタシは一たまりもありません。

ビデオを見させられたりで都合2時間程度、座らせられっぱなし・・・気分悪くなりましたが、なんとか頑張りました。


来週以降もしばらくバタバタで、色々とやりたいことがあったりしますが、明日の病院でまた何か告げられると厄介です・・・

また何かしら治療をしなきゃいけない、となるとね、、、精神的にダメージがデカそうです。。。

まあまあ、

そんなもんですからね、ワタシの人生は。

頑張るぞー。




あとあと、

話の前後がハチャメチャしますが、世話になったお医者さんが最近入院した、と先日書いたのですが、昨日もCTを撮った帰りに病室に顔を見に行きました。

まだまだ辛そうでしたが、徐々に回復しているとのことで、退院もまもなく、とのこと、良かった良かった。

復帰する時は別の病院に異動だそうなので、昨日を最後にしばらくお別れです。


次会えるのはいつか分からないけど、それまでワタシは生きていますよ、と言ってきました。

レアな病状のワタシについて色々調べたり悩んだりしてくれた、大好きなお医者さんの一人です。

きっとまた会えますよ。

(前回も昨日も手ぶらでお見舞いに行ってしまいましたが、ごめんさいねぇ先生、、、笑。)


おわり

ランキング絶賛降下中・・・><

 ブログランキング・にほんブログ村へ   

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ワタシ(@tachyon516)

Author: ワタシ(@tachyon516)
⇒ ワタシのスペック ・ 病気の経緯

最新記事

ツイッター

全ての記事&月別アーカイブ

2015年 05月 【1件】
2014年 10月 【1件】
2014年 06月 【3件】
2014年 05月 【12件】
2014年 04月 【15件】
2014年 03月 【9件】
2014年 02月 【2件】
2014年 01月 【4件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【7件】
2013年 10月 【14件】
2013年 09月 【16件】
2013年 08月 【19件】
2013年 07月 【18件】
2013年 06月 【22件】
2013年 05月 【14件】
2013年 04月 【13件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【22件】
2012年 12月 【30件】
2012年 11月 【28件】
2012年 10月 【32件】
2012年 09月 【34件】
2012年 08月 【7件】
2012年 07月 【23件】
2012年 06月 【37件】
2012年 05月 【39件】
2012年 04月 【50件】
2012年 03月 【23件】

カレンダー

<< 04
2013
>>
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

記事のカテゴリ

カウンター 2013/1/20 ~

Template by たけやん